青春の〈アイドル女優〉を総直撃<児島美ゆき「ハレンチ学園」>PTAの逆風もドラマは視聴率30%を超えた

拡大画像を見る

 永井豪原作の「ハレンチ学園」は、掲載した少年ジャンプの部数を飛躍的に伸ばす。そして映画化、ドラマ化ともにヒロインの十兵衛を演じた児島美ゆき(69)もまた、各メディアを席巻した。

──東京12チャンネル(現・テレビ東京)のドラマとしては、今も歴代最高視聴率の32%を記録したのが「ハレンチ学園」(70~71年)。

児島 どうして私がヒロインに選ばれたのか、最近になってやっとわかったの。その当時、カルメン・マキさんとか陰のある人が多かったのね。

──サイケデリックな衣装と、濃いマスカラが目立つ女性歌手がブームでした。

児島 で、私はひたすら明るいということで起用されたのかな。

──現場は楽しかったですか。

児島 あのね、まず日活のほうの映画が先だったんだけど、監督が率先して「スカートめくり」をやっているの。

──日本中に大ブームを起こして、PTAが問題視した名場面ですね。

児島 そう、そしたらカメラマンも照明の人も、スキあらばめくっている感じ。出演している私たちも、カメラが回っていないところでもスカートめくりに熱中したわ。

──いい雰囲気だったことがわかります。

児島 監督が率先してやることで、気持ちをひとつにする狙いだったんでしょうね。おかげで毎日が修学旅行に行っているような楽しさだったな。実は、映画の1作目ではスカートの下に水着を着させられたけど、試写を見たら、めくられた時に不自然で。その次からレースのかわいいパンティーをはくようにしました。

──当時、高校を卒業したばかりの18歳でした。

児島 就職するべきかどうか迷っていた時だったから、このお話が来て本当に助かったわ。

──ドラマ・映画だけでなく、バラエティー番組でも売れっ子に。特に土居まさると組んだ「TVジョッキー」(71~82年、日本テレビ系)の司会は、記憶に残ります。

児島 私が初代アシスタントを6年ほど務めたのかな。土居さんとはラジオでも共演したし、ローラーゲームの番組とかユリ・ゲラー来日の特番とか、週5日はご一緒していたわ。でも、ゴハンに連れて行ってもらったのは1回だけ(笑)。

──印象に残っている言葉はありますか。

児島 私、当時から本当に胸が大きくて、テーブルの上におっぱいを乗せることもあって。土居さんに「その胸、何とかしろよ」って怒られたりね。

──ボインブームの元祖的存在でしたね。

児島 ただその後、会う人ごとに「お世話になりました」って何年も言われ続けたのには、心が傷ついたな。今は大丈夫だけど、50歳までは言われたくなかったのよ。

──なるほど、こちらも気をつけます(笑)。さて、現在も歌やコントの舞台に積極的だそうで。

児島 8月には「ハレンチ学園」から50年だったので、舞台でセーラー服を着てしまったわよ。死ぬほどイヤだったけど、スタッフ全員が「着ましょう」って言ってきたので。まあ、着たら案外かわいかった(笑)。

──ぜひ「児島美ゆき オフィシャルサイト」で検索を。

関連リンク

  • 9/26 9:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます