【本日の注目ポイント】神戸新聞杯でシャフリヤールが復帰、中山ではオールカマー

拡大画像を見る

 9/26(日)は中山、中京の2場開催。天気は中山が曇り、中京が雨のち晴れとなっている。

■ダービー馬シャフリヤールが復帰
 中京11Rは芝2200mの神戸新聞杯(GII)。今年のダービー馬シャフリヤールがいよいよ秋初戦を迎える。他に、今春のクラシックでともに3着だったステラヴェローチェ、今年の青葉賞1・2着馬のワンダフルタウン、キングストンボーイなども出走。

■オールカマーでレイパパレらが始動
 中山11Rは芝2200mのオールカマー(GII)。デビュー無傷の6連勝で今年の大阪杯を制したレイパパレ、クイーンエリザベス2世C2着以来となるグローリーヴェイズ、今年の日経賞を制したウインマリリン、今年のヴィクトリアマイルで2着だったランブリングアレーなど。

■中山5Rの新馬戦はロードレゼルに注目
 中山5Rは芝2000mの新馬戦。ディープインパクト産駒の牡馬ロードレゼルに注目したい。16年フラワーCを勝ったエンジェルフェイスの初仔で、追い切りでは格上馬と互角の動きを見せた。川田将雅騎手を背にデビュー勝ちなるか。

■中京5Rでダノンファンタジーの弟がデビュー
 中京5Rは芝2000mの新馬戦。セレクトセールにて2億3760万円で取引されたハービンジャー産駒セレブレイトガイズが、福永祐一騎手を背にデビュー。半姉に重賞5勝ダノンファンタジーがいる注目の血統馬で、初戦から期待がかかる。

■中山4Rの新馬戦にハウドベルクなど
 中山4Rはダート1200mの新馬戦。高知で重賞11勝のスペルマロンが半兄にいるマジェスティックウォリアー産駒ハウドベルク、好内容の調教を披露したエピファネイア産駒パパリーヌキャスト、新種牡馬コパノリッキーの産駒ライヴサファイアなどがデビュー。

■菱田騎手のバースデー
 本日は菱田裕二騎手の29歳の誕生日。中京で3鞍の騎乗を予定している。

■地方では2重賞
 盛岡競馬場では18時15分に牝馬限定のヴィーナススプリントが行われ、連勝中のキラットダイヤなどが出走。帯広競馬場では20時10分に4歳限定戦・銀河賞が行われ、前走はまなす賞を勝利したカイセドクターなどが出走する。

関連リンク

  • 9/26 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます