西野七瀬とデートしてみたら…?彼女が魅せる“オトナな姿”とは【動画あり】

乃木坂46を卒業してからもうすぐ3年。

女優として大活躍中の西野七瀬さんを誘って訪れたのは、横並びのカウンターの店。

いつもより近い距離感で、潤んだ瞳に見つめられ…その表情、言葉一つ一つから目が離せなくなる。

そんな大人の魅力あふれる彼女の素顔に迫るべく、仕事からプライベートな一面まで、「今」の等身大の姿をさらけ出してもらった!



西野七瀬さんのインタビューを、今日と10/3(日)の2日に渡ってお届け!2ページ目の動画も必見だ!


麻布十番の『薪鳥 新神戸』にて撮り終えた写真は、完全にカウンターに行き慣れた美女。

しかし、実は西野七瀬さんは普段カウンターの店に行かないとか。その理由とは?

「お店の方との対面が恥ずかしくて。でも、本当は行きたい気持ちが凄くあります。調理を近くで見られるのは絶対に楽しいはずなので」

この日、炎がゆらめく焼き台を間近にして、挑戦したい気持ちが強まったと話す。

誰かにエスコートされたら気が楽かもしれない。そこで、東京カレンダーが推すカウンターデートに誘われた場合の印象を聞くと、的を射た意見が返ってきた。

「対面だと逃げ場がなくて緊張するけど、横並びなら距離は近いのに視線はたまに合うくらいという、何となく付き合う前にちょうどいいシチュエーションだと思います」

ほどよくお喋りな相手が理想だ。

「私が会話のスキルが高い方じゃないので、引っ張ってくれるとありがたいです。質問されるのが好きなので、いろいろ聞いてもらえると嬉しいですね。

慣れるまでは、インタビューみたいなデートが助かるかも(笑)」


最近は、仕事の縁からプライベートでも語らう相手もできた。そのひとりが田中みな実さん。田中さん宅へ行き、手料理をご馳走になる。

「お魚中心の和食で煮物もあって、実家のごはんみたいで嬉しいです」と、心も胃袋も満たされているとか。

仕事への理想が高いという西野さん。落ち込んだときの自分への励まし方とは?

20代はがむしゃらに頑張る。30歳になったとき、少しだけ歩みを緩められたら


彼女は今、売れっ子女優として演じまくる生活を送っている。

大抵2作品を並行して撮っていて、例えば『ホットママ』で妊娠・出産シーンを演じた裏で、『孤狼の血 LEVEL2』では強烈ビンタをくらわすスナックのママを熱演。

多彩な役柄を巧みに演じ分け、活躍の幅を広げている。

そんなハードなスケジュールをこなしていく西野さん。

「俳優業が好き」というシンプルな感情が最大のパワーの源でもある。それでも「急に落ち込む時があります」と話す。


「ちゃんとお芝居できているか分からない時や、さっきのカットは妥協のOKなのかなと勝手に落ち込みます。

昔から理想が高い方で、もっとこうすればよかったの繰り返し。自分に対して面倒臭いなとも思います。

割り切ろうとしても、でもなあ……と納得できない。上手くいかなくて、ああ、向いてない、やめた方がいいかなと考えることもあります」

そういう時に救ってくれるのは、これまで会った監督やスタッフたちの言葉だ。

「可能性がある、向いてるよと言われたことを思い出して、もち直します。

深い意味を込めて言ってくれたかは分からないですけど、自分にとっては言葉として強く残っていて、しんどい時に思い返すんです。

あと、共演した俳優さんたちが本当にすごくて自分はそうなれる気がしなくて……。

でも、雲の上の存在にみえる俳優さんたちも、昔は私みたいに悩んだ時間がきっとあったのかなと思うと、気持ちがちょっと楽になります」

そんな風に背中を追った先輩は、田中 圭さんや原田知世さん、石原さとみさんなど。いま躍進をみせる西野さんも、彼らに急接近しているはず。

「作品をひとつ終えるごとに少しずつ積もっている気はするけど、まだまだ。

なので、20代のうちはとにかく頑張りたい。ボロボロになるくらい(笑)。そうすれば30歳で少し落ち着けるかな。とにかく、いまはがむしゃらに走り続けたいです」

そう話す姿は逞しく、険しい道を楽しんでいるようで、実現を予感させる。

西野さん自身が厳しい自分を満足させるその瞬間が、いまから楽しみでならない。

【西野七瀬さんの撮影の裏側を公開!】

【後編】 10/3に公開!
■西野七瀬さんが堪能した『薪鳥 新神戸』の魅力

■プロフィール
西野七瀬 1994年生まれ、大阪府出身。2011年に乃木坂46に加入し、2018年末に卒業。その後、女優としてドラマ『あなたの番です』『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』『ホットママ』『ハコヅメ~たたかう!交番女子』、映画『孤狼の血 LEVEL2』『鳩の撃退法』など幅広い作品に出演。10月スタートのホラードラマ『言霊荘』(テレビ朝日、毎週土曜23:00~)に主演する。

■衣装
[西野さん]ドレス 451,000円、イヤリング 57,200円、ブレスレット 64,900円、バッグ 181,500円〈すべてドルチェ&ガッバーナ/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン TEL:03-6419-2220〉
[男性]ジャケット 46,200円、カットソー 15,400円〈いずれもユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL:03-5772-5501〉、その他スタイリスト私物



東京カレンダー最新号では、西野七瀬さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
西野さんが家でハマっているという趣味とは?

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/26 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます