ナノファイバー製「電動舌クリーナーSwit」がMakuakeにてプロジェクトスタート


ジャパンインターナショナルコマースは、9月21日(火)~10月12日(火)の期間、「Makuake(マクアケ)」にて、ナノファイバーを音波振動させて舌の汚れをからめとる「電動舌クリーナー Swit(スウィット)」のプロジェクトをスタートした。

舌への刺激が驚くほど少ない


一般的な舌クリーナーは、歯ブラシと同じように、ブラシで舌を磨くものがほとんど。歯であれば、鉄やガラスよりも硬い「エナメル質」で表面が覆われていますので問題はないが、粘膜である舌をブラシでゴシゴシと擦ってしまうと、舌が傷ついてしまう危険性がある。

そこで今回開発したのが、「ナノファイバー」と「音波振動」を組み合わせた、舌への刺激が驚くほど少ない新感覚舌クリーナー「電動舌クリーナー Swit」だ。

超極細ナノ繊維が約16万本


「電動舌クリーナー Swit」のクリーナー部分には、「直径 0.7ミクロン(=0.0007mm)」の超極細ナノ繊維が約16万本緻密に編み込まれており、優しくなでるだけで舌の汚れをからめとることができる。

舌についた汚れをごっそりからめ取る


約16,000回/分の音波振動で汚れを浮かせ、直径0.7ミクロンのナノファイバー約16万本が、舌についた汚れをごっそりからめ取ることができる。

「音波振動」と「ナノ繊維」により、これまでの舌クリーナーでは取り切れなかった汚れも優しく簡単に取り除くことが可能だ。

低刺激でオエッとなりにくい


舌掃除のオエッとする感覚が苦手という人も多い。それは手の力で汚れを取ることになるため、汚れを取ろうとすると無意識に力を入れてクリーナー部分を舌に押し当ててしまうことが原因だと考えられている。

電動舌クリーナーSwit(スウィット)は、約16,000回/分の音波振動で汚れを浮かび上がらせるため、舌の表面に軽く当てるだけで汚れが取れ、驚くほど低刺激でオエッとなりにくくなっている。さらに防水(IPX7)機能付きなので、水洗いも可能だ。

価格は、本体セットが1年間の保証書が付きで1,628円(税込標準小売価格)、交換用セットは858円(税込標準小売価格)となっている。

「電動舌クリーナー Swit」が気なる人は「Makuake」でプロジェクトをチェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 9/25 11:40
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます