エビ中、9人体制初のワンマンライブ<ちゅうおん>初日を完走!

私立恵比寿中学が、本日9月25日(土)に秩父ミューズパーク野外ステージにて、9人体制での初ワンマンライブとなる<エビ中 秋声と螻蛄と音楽の輝き 題して「ちゅうおん」2021>を開催した。

2017年秋からスタートした<ちゅうおん>は、コールなし、光り物なしで、生演奏によるバンドをバックに着席で純粋に歌を中心に楽しむというコンセプトの公演。

当初、新メンバーのお披露目ステージは8月に開催予定だった<ファミえん2021>の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を顧みて中止に。この日、ワンマンライブとして9人が初めてステージに揃い、全力でパフォーマンスを披露した。8月に配信リリースし、現在ストリーミング約1,500万回再生のヒットとなった「イヤフォン・ライオット」や「なないろ – THE FIRST TAKE ver.」、このイベント恒例の各メンバーのソロによるカバー曲など、全24曲を届けた。

病気療養から復帰後、この日が初めてフルワンマンステージとなった安本彩花も、“気持ちいい風と鈴虫とともに楽しく歌いたいと思います!”と元気に挨拶。夜公演の「イヤフォン・ライオット」では、盛り上がって、真山りかと柏木ひなたの両肩に抱きついたところ、自分の歌うマイクがないことに気づき、あわてて真山のマイクで歌うというハプニングも。新メンバーの小久保柚乃は“(お客さんが)いっぱいいる!”と独特な表現で感謝の言葉を述べ、“映像で観た2017年のちゅうおんのステージに自分がいる!”と感慨深く話した。

秩父ミューズパーク野外ステージに詰めかけたファンも待ちに待った9人のパフォーマンスに、声は出せないものの、手を挙げたり、拍手などのリアクションで応え、一体感と温かい空気を作り上げた。

なお、<ちゅうおん2021>は、明日9月26日(日)も同所で昼・夜の2回公演が行なわれる。

ライブ撮影:中島たくみ

「なないろ」ライブ映像公開詳細
■9月24日(金)0時公開
Live atエビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク2017

■10月1日(金)公開
Live at私立恵比寿中学迎春大学芸会~forever aiai~

■10月8日(金)公開
Live at私立恵比寿中学迎春大学芸会~ebichu pride~

■10月15日(金)公開
Live at私立恵比寿中学IDOL march HALLTOUR 2017

『FAMIEN'21 L.P.』【初回仕様限定盤】

2021年8月18日(水)
SECL-2684 ¥3,300
トレーディングカード2種封入 スペシャルペーパーケース

M1.ご存知! エビ中音頭(2021.ver.)
M2.ラブリースマイリーベイビー(2021.ver.)
M3.誘惑したいや(2021.ver.)
M4.ナチュメロらんでぶー(2021.ver.)
M5.summer dejavu(2021.ver.)
M6.HOT UP!!!(2021.ver.)
M7.朝顔(2021.ver.)
M8.イート・ザ・大目玉(2021.ver.)
M9.青い青い星の名前(2021.ver.)
M10.23回目のサマーナイト(2021.ver.)
M11.イヤフォン・ライオット(ファミえん2021 テーマソング)
M12.いい湯かな?(2021.ver.)

<エビ中 秋声と螻蛄と音楽の輝き 題して「ちゅうおん」2021>
2021年9月25日(土)、26日(日)
秩父ミューズパーク野外ステージ

両日共通
【1部】OPEN 12:00 START 13:00
【2部】OPEN 16:00 START 17:00

関連リンク

私立恵比寿中学 オフィシャルサイト24時間YouTubeチャンネル「♯Radio Ebi 24~🦐は地球で遊ぶ~」

関連リンク

  • 9/25 20:12
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます