「コロナ悪徳商法」の闇実態(1)「特別に小分けで提供する」

拡大画像を見る

 全世界を席捲するパンデミックに紛れて、悪徳商法を繰り広げる輩が後を絶たない。長引く休業要請とは裏腹に、次々と変異しながら日本中で生み出される暗黒マネー。闇実態に緊急事態宣言を発令する!

「半信半疑だったのですが、知人からの紹介だったこともあって、断りきれず‥‥」

 と言いながら苦い表情を浮かべるのは、神奈川県在住の30代男性だ。今年の3月頃に新型コロナウイルスに感染。幸い軽症だったので自宅療養をしていたのだが、知人を通じて「コロナを治せる」という漢方師を紹介された。

 LINEで連絡を取るとすぐ、舌の写真を送るようにとのこと。漢方師は写真を見るなり、

「ウイルスが繁殖してかなり危険な状態です。そのまま放っておくと後遺症が残りますよ」

 と警告し、こう畳みかけてきたのだ。

「私はこの道40年のベテランですから安心してください。まずは『コロナウイルスを殺す漢方』と『免疫力を高める漢方』の2種類を飲みましょう」

 はたして「コロナウイルスを殺す漢方」などというシロモノが存在するのか‥‥。

 値段を聞くと、ウイルスを殺す漢方はとても貴重で、日本では入手困難なため、通常は120万円ほど。しかし、今回ばかりは特別に小分けして1包3000円で1日2回、免疫力を高める漢方は1包1000円で1日2回。7日間分の処方で、合計たったの5万6000円でいいと言われたという。

「正直、僕は感染してから5日は経っていましたし、この値段は高いと感じたので翌日に分量を減らしてもらおうとしたのですが、すでに発送したから振り込みをするよう請求されてしまい、仕方なく支払った。その翌日、銀色の折り紙に包まれた漢方がジップロックに入れられて届きました。実際に飲み、確かにコロナは治りましたが、もともと回復傾向にあり、間違いなく漢方のお陰ではありません。でも、こんな時期なので、ワラにもすがる思いで買う人もいるでしょうね」

 現在、コロナウイルスに有効な治療薬は世界中で研究が進んでいるが、どれもまだ臨床試験段階である。

「昨年4月、大阪府で『牛黄(ごおう)』という漢方を『コロナウイルス感染時に働く』などと謳って、80代女性に14万7000円分購入させた上、必要な要項が不十分な書類を渡したとして、医薬品販売会社の社長と従業員が逮捕されています」(社会部記者)

 この牛黄こそ、まさに先の男性が購入した漢方だ。

 犯罪ジャーナリストの石原行雄氏が解説する。

「悪徳商法や詐欺は人々の不安につけ込むので、世界情勢が悪い時に増える傾向があります。昨年からコロナ関連の詐欺事件は続発していますね」

*「週刊アサヒ芸能」9月30日号より。(2)につづく

関連リンク

  • 9/25 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます