送り仮名の勉強をしていた小3の息子 最後の解答欄に珍解答が!?

拡大画像を見る

小学3年生になる息子さんを育てている、atsuyuki_suwa(afmkd)さん。自身のInstagramに、息子さんの珍解答を投稿しました。

ある日、息子さんは自宅で『休』という漢字を使った、送り仮名の問題を自主学習していたといいます。

しかし、息子さんは問題を勘違いしていたのか、ミスが連続。そして、最後の解答欄を見ると…。

もう…だめだ

『休もう』の『もう』からつながって『もうダメだ』と、力尽きたような解答になってしまったのです!

『おもしろい!けど×』と書かれたテキスト。丸付けをしていて、この解答をみたらクスッとしてしまうでしょうね。

勉強は間違えて学んでいくもの。

きっと息子さんも、『休む』という漢字の送り仮名はこれでしっかりと覚えたはずです!

[文・構成/grape編集部]

出典 afmkd

関連リンク

  • 9/25 17:32
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます