柵に挟まった頭が抜けず 好奇心旺盛な3歳女児を警察官が救出(米)

拡大画像を見る

米コロラド州ボルダーのある集合住宅で現地時間9月21日、3歳になる女児の頭が鉄製の柵に挟まって抜けなくなるというアクシデントが発生した。

現場に駆けつけたボルダー警察のマイケル・マルケス巡査部長(Michael Marquez)とジョーダン・カイル巡査(Jordan Kyle)は、女児を傷つけることなく柵をこじ開ける方法を見つけなければならなかった。

マルケス巡査部長はその時の状況をこのように明かしている。

「柵から抜けられない子がパニックになっているのを見て、彼女の家族や周りの人たちも動揺しているように見えました。助けたいと思った私はこれまでの経験上、緊張している姿やパニックになっている姿を見せたりすると、相手がさらにパニックになってしまう可能性があるので冷静でいることが重要でした。」

そしてドアをこじ開ける時に使うラム(破城槌)を用いて柵を広げるというユニークな方法で女児の救出が始まった。

カイル巡査は救出の様子について次のように述べた。

「ラムを使うという素晴らしいアイデアはマルケス巡査部長が出してくれました。彼は女児が怖がらないように優しく穏やかに話し、自分が何をしているかをずっと伝えていました。女児は彼の言う通りに頭を動かしてくれて無事に柵から抜け出すことができたんです。」

無事女児を救出したマルケス巡査部長は、のちに「彼女とその家族を助けることができて良かったです。みんなが大変な思いをしている時に私たちがお役に立てたのがなによりです。私の心を溶かしてくれました。素晴らしい一日でした」と語った。

この救出劇を隣で見守っていた女児の母親は「とても心配で怖くて、でも娘には『落ち着いて。何も怖がることはないわ』と伝えなければならないと思いました。警察官たちは本当に素晴らしかった。私たちを安心させてくれたこと、特に娘が安心してくれたことが本当に嬉しかったです。救出後も娘には素晴らしい対応で、バッジやステッカーをプレゼントしてくれました」と2人の警察官に深く感謝した。

また今回の出来事をふまえて、カイル巡査は警察官という仕事についてこう話している。

「自分のやっていることが正しいということ、またなぜこの仕事に就いたのかを思い知らされます。否定的な意見が多い中で、今回のようなちょっとした通報があるだけで自分の仕事の素晴らしさを再確認でき、喜びを感じることができます。人々を助け、悪者を捕まえ、フェンスに頭を挟まれた幼児を助ける。毎日が違うのです。それがこの仕事のいいところです。同じ制服を着て同じ車に乗っていても、受ける電話の内容も経験もすべて違うのです。最高の仕事です。」

ボルダー警察では、女児を救出するまでの一部始終を捉えたボディーカメラの映像をTwitterに公開し「子供の頃、誰もが良いアイデアだと思ってやったことを後悔したことがあるでしょう。今回のケースでは、この幼児が誤って頭を挟んでしまいました。マルケス巡査部長とカイル巡査は、迅速かつ巧妙な方法でこの子を安全に解放することができました」と綴っている。なお映像は、帰っていく警察官に向かって少女が「ありがとう!」と声をかけたところで締めくくられていた。

画像は『Boulder Police Dept. 2021年9月21日付Twitter「As kids we’ve all done things that seem like a good idea but that we come to regret.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 9/25 15:38
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます