もう別れよう…と言い出す彼氏を思いとどまらせる逆転行動9パターン

大好きな彼氏から突然別れを突きつけられたらどうしますか?あきらめられないのならば、サヨナラからの大逆転に賭けたいところではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『もう別れよう』と言い出した彼氏を思いとどまらせる大逆転行動」をご紹介します。

【1】「もう1日、待ってくれない?」と結論を出すのを先延ばしにする
「彼氏がカッとなって言っているだけかも。気持ちを整理するために一呼吸置いたほうがいい」(20代女性)というように、返答するまでの猶予期間をお願いするパターンです。1日経てば相手の気持ちが変わるかもしれませんし、自分の想いを伝える準備もできるでしょう。

【2】「お願い!理由を聞かせて」と別れると言い出すまでのプロセスを振り返らせる
「話し合いで解決することもあります」(10代女性)というように、冷静に理由を尋ねた結果、二人の仲が修復不可能なわけではないと判明する場合もありそうです。唐突に別れを切り出されたときは、まずは原因を突き止めたいところです。

【3】「場所を変えて話そ?」とひとまず場所を移動させる
「歩くと落ち着くし、頭を冷やすことができる」(20代女性)というように、ゆっくり話せる環境に移動して、落ち着いて話し合ったことで、交際続行を決めたカップルもいます。ただし、周りが騒がしいなど、すぐに話を切り上げたくなる場所では、いい結果が出ないでしょう。

【4】「こんなに人を好きになることは、もうないかも」と思いの丈を呟く
「『そんなに好きでいてくれたんだ』と彼氏は大感動」(10代女性)というように、どれほど真剣に彼氏を想っているのか伝えれば、状況が変わるかもしれません。普段は感情を表に出さないタイプの人がやると、ギャップがあるのでより効きそうです。

【5】「好きでいてもいい?」と気持ちが変わらないことをアピールする
「彼はいたたまれない気持ちになったみたい」(20代女性)というように、変わらない気持ちを伝えた結果、別れずに済んだケースもあるようです。最後の最後、「もうダメかも」と思ったとき、ありったけの想いをこめて迫ってみてはいかがでしょうか。

【6】「おいしそうな顔で手料理を食べてくれるのが嬉しかった」と彼氏の胃袋に訴える
「一度距離を置いたけど戻ってきた(笑)」(20代女性)というように、手料理を食べられなくなることをチラつかせて、彼氏の胃袋をガッチリつかみなおした人もいます。食いしん坊な彼氏が相手なら、試してみる価値があるかもしれません。

【7】「ホントにもう、ダメなのかな…」と涙ながらにすがりつく
「『この子死んじゃうかも…』と思ったらしい」(10代女性)というように、とにかく必死な様子が、彼氏の心を動かすこともあるようです。涙でぐしゃぐしゃの顔のまま抱きつき、悔いが残らないように想いを訴えてはいかがでしょうか。

【8】「最後の人にしたいと思っていた」と将来を真剣に考えていたことを告白する
「『そこまで考えてくれていたのなら…』と感じたみたい」(20代女性)というように、結婚も視野に入れて付き合っていたと知れば、彼氏の対応も変わるかもしれません。特におちゃらけキャラの女性がまじめに切り出すと、説得力が加わって胸に響きそうです。

【9】「いろいろごめんね。これまでありがとう」と素直に感謝の気持ちを伝える
「酷いこと言われても、『ありがとう』で返す私に胸を打たれたそうです」(20代女性)というように、最後まで感謝を忘れないことが、事態を好転させるケースもあります。長い間一緒にいた相手なら、自分の存在の大きさを再確認させるきっかけになるかもしれません。

いろいろな行動が出てきましたが、「別れる」と言われても簡単にあきらめないこと、そして、感情に流されすぎず冷静に自分の想いを伝えることが「大逆転」につながるのかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年4月26日から27日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/25 15:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます