許斐剛氏 映画「テニプリ」 人気キャラあえて削る「普通には作りません」

拡大画像を見る

 漫画家の許斐剛氏(51)が25日、都内で行われたアニメ映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」のティーチインイベントに登場した。

 人気コミックを原作者の許斐氏が製作総指揮となり映画化。中身の異なる同時2タイプ上映など挑戦的な試みが話題で、他にも「人気キャラクターをできるだけ出さない。あえて削る」と新規層へのアプローチを明かした。

 この日が、足かけ5回目の舞台あいさつで会場のファンからの質問に対応。原作ままの奇抜な演出を指摘され「違和感が“テニプリ”の面白いところ。普通には作りません」とニヤリ笑い、大きな拍手を浴びた。

関連リンク

  • 9/25 14:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます