久本雅美 メークで別人に「今回出ないのって」 WAHAHA本舗公演ポスター

拡大画像を見る

 タレントの久本雅美(63)が25日、大阪市内で会見し、2017年以来4年ぶりとなるWAHAHA本舗全体公演「王と花魁」(10月28日初日、東京・新宿文化センターほか)をPRした。

 昨年予定された上演がコロナ禍で延期された全体公演に気合がみなぎった。久本は「WAHAHA本舗自体が私の血であり、肉であり、根本。原点で殻を破れる」と力を込め、「WAHAHAワールドをやれる。お客さんに笑っていただいて、混沌とした世の中を忘れていただければ」と願った。

 感染対策で観客は収容の半分で行い、キャストもけいこ場から距離を取り、定期的にPCR検査を行う。久本は「どれだけ唾液を出すんやって」と苦笑した。地方公演では、酒を飲みながら、土地のおいしいものを食べることがだいご味だが、現状ではかないそうもない。「手と足をもぎとられたようなもの」と嘆いたが、「テークアウトを駆使しておいしいものをいただきたい」と執念を見せた。

 盟友・柴田理恵(62)との合計125歳コンビでの出演場面について「コンセプトは『混沌とした世の中を応援しよう』」と明かし、「応援団でパフォーマンスすると思う。学ランを着てリーゼントという形で、年齢を経ても応援団としてエールを送れるような形になると思う」と考えを披露。柴田の自宅で打ち合わせをしているという。

 還暦を超え、体力維持にも気を遣うようになったという。久本は「週1回、パーソナルトレーニングをやるように努力しだした。2年ぐらい前から。柴田さんもヨガとか行ってる。ワケわからんポーズして『死にそう』って言ってる」と明かした。

 また、ポスタービジュアルに「王様」として大々的に掲載されている泉谷しげるから楽曲提供は受けたが、出演しないことを「出る出る詐欺」と自虐的にコメント。さらに、ポスターでの自身と柴田の画像について「歌舞伎の(担当の)方に本気メークをしてもらったら、(別人になって)『今回、出ないの?』って言われた。成功であり、失敗」と笑わせた。

 全国14カ所20公演で、関西地区は11月13日に大阪・フェニーチェ堺、同14日に兵庫・神戸国際会館、12月3~5日に大阪・クールジャパンパーク大阪で行われる。

関連リンク

  • 9/25 11:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます