やっぱりこの子じゃなきゃ!【喧嘩をしても選ばれる】女性の特徴3選

拡大画像を見る


付き合っていると、喧嘩をすることもありますよね。すぐに仲直りできる喧嘩から、しばらく距離を置きたくなる喧嘩まで、いろいろな喧嘩があり、2人の絆を深める時間になる大切なとき。
たくさん喧嘩をして別れてしまうカップルと、よりラブラブになるカップルの違いって、どこにあるんだろう…と気になったことはありませんか?
喧嘩をしても選ばれる女性には、ある特徴があるようです。どんな特徴があるのか、具体的に見てきましょう。


素直に謝ることができる

喧嘩をしたばかりの頃って、「絶対に私は悪くない!」「絶対に自分から謝らない!」と意地を張ってしまいますよね。どう考えても彼が悪くて、自分に非がないときは、とくに自分から彼に歩み寄ることなんてしたくないですよね。
どんなときでも、「言いすぎてごめんね」など、素直に謝ることができる女性は、つい男性も放っておけないのだとか。「俺の方が悪いのに…。今度はこんな思いさせない!」と思うという本音も。


過去のことをひっぱり出さない

喧嘩になると、感情的に言葉を発してしまうことも多いですが、今回の喧嘩と全く関係のないことまで引っ張り出して、喧嘩の本筋が分からなくなってしまうと、男性はウンザリしてしまいます。
喧嘩の本筋を解決したいのに、過去の喧嘩のことまで引っ張り出されると、「この子と話しても意味がない」と思われてしまうことに。
建設的に、目の前のことを言い合える関係は、どんなに喧嘩をしても2人の関係を成長させることができるでしょう。


ヒステリックにならない

喧嘩をしてヒステリックになってしまう女性は、男性に幻滅されてしまいます。喧嘩のたびにヒステリックになってしまうと、言いたいことも言えなくて、どんどんストレスが溜まってしまいます。
「いつも喧嘩ばかりで私のことが嫌いなんでしょ!」「他の女と浮気してるんでしょ!」など、根拠なくヒステリックになると、本当に他の女性の所にいってしまうことも。
言いたいことを言い合う喧嘩なら、お互いの言いたいことを言うまでにとどめておいて、感情的にならないようにしておく方がよいでしょう。


喧嘩を思いっきりできるカップルになろう

喧嘩を思いっきりしても選ばれる女性は、喧嘩にマイナスなイメージではなく、2人の今後を考えた喧嘩をしています。
喧嘩はできればしたくありませんが、お互いの考え方などにズレが出てくると、喧嘩をしてしまうのは仕方がありません。
彼に嫌われるのを怖がって喧嘩を避けてしまうのではなく、喧嘩をしても選ばれる女性になって、喧嘩を思いっきりできるカップルになりましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/25 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます