最近彼といてもつまらないな...恋愛が【マンネリ】したと感じる3つの瞬間

拡大画像を見る


最近彼氏といてもつまらないし、1人でいる方が楽に感じる…と思うのは、恋愛がマンネリモードに入っている証拠。マンネリを放っておくと、どんどん心の距離が開いてしまうこともあります。
ところが、マンネリになりすぎて、マンネリになっていることに気が付いていないこともあり、今の状況に周りのカップルのマンネリを当てはめてみることはとても大切です。
マンネリになったと感じる3つの瞬間を、一緒に見ていきましょう。


連絡を取らなくても平気

付き合いはじめたときは毎日連絡を取っていたのに、「今では連絡を取らなくなっても大丈夫」と思い始めたら、マンネリしている証拠。
何日も連絡がとれなくても平気!と感じた時はマンネリモードに入っている可能性があります。ラブラブだった時は数時間連絡がとれないだけで、「どうして連絡がこないんだろう」と思ってしまったときと比べたら、気持ちがある程度冷えてしまっていることも。
連絡を取らなくても平気になって、自立したと言えば聞こえはいいですが、1歩間違えば慢性的なマンネリになってしまうケースです。


電話での沈黙が多くなった

ラブラブなときは、電話で話したい内容がどんどん出てきて、話したりない!と思うことも多かったはず。ところが、マンネリになると、話すことを考えないと出てこないなんてこともあり、電話で沈黙が多くなる可能性がグッと高くなります。
放っておくと音信不通になることもあるため、共通の話題を作ったり、2人で出かけるなど、話す時間を作るのがおすすめです。


だらしなさが出てきた

お家デートですっぴんを見せたり、素の自分を解放し始めると、「これくらいならいいか」と、彼の前でだらしない部分を出してしまうこともあるでしょう。
もちろん心を開いて接することができるようになったのですが、洗濯した下着をそのままにして置いたり、裸で部屋をうろうろしたり恥じらいがなくなると、どんどんマンネリしていく傾向が高くなります。
だらしなさが出てくると、彼も幻滅してしまう原因になるため、付き合いが長くなったとしても、だらしなさを出すことは避けた方がよいかもしれません。


マンネリしたと感じる瞬間は小さなことが多い

マンネリしたと感じると、「付き合いが長いから仕方ない」と考えてしまいがちですが、実は一緒にいるときの行動がマンネリを引き起こしてしまうことが多いのです。
ダイエットしたり、化粧をかえたりなど、見た目を変えて彼とのマンネリを変えるのもアリですが、彼と一緒にいる時間で思い当たるところがないか探してみると、意外とシンプルなところにマンネリの原因を見つけることができるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/25 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます