【神戸新聞杯注目馬】キングストンボーイ始動戦 名伯楽と最後の秋へ

拡大画像を見る

 9月26日に中京競馬場で行われる神戸新聞杯(3歳・GII・芝2200m)に出走するキングストンボーイ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)。

 同馬は父ドゥラメンテ、母ダイワパッション、母の父フォーティナイナーという血統。2018年皐月賞馬エポカドーロの半弟。

 昨年8月にデビューし、初勝利。重賞初挑戦となったサウジアラビアRCでは5着に終わるも、3戦目のベゴニア賞で2勝目を挙げる。

 2月に行われた共同通信杯では、今年の皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールと差のない走りをしており、4着に敗れはしたが能力の高さを見せつけた。

 青葉賞2着で、藤沢和雄調教師にとって最後となる日本ダービーへの切符を獲得。出走に向けて順調かと思えたが、馬の態勢が整わず、出走を見送った。

 夏を越え、パワーアップした同馬。どんな走りを見せるのか注目したい。

関連リンク

  • 9/25 7:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます