【本日の注目ポイント】ながつきSなどオープンが4鞍、福永Jは区切りの勝利までわずか

拡大画像を見る

 9/25(土)は中山・中京の2場開催。24日正午の馬場発表は2場いずれも芝・ダート共に良。25日の天気は中山が曇りのち晴れ、中京が晴れの予報となっている。

■ながつきSでジェネティクスが復帰
 中山11Rはダート1200mのながつきS(OP)。デビューから全てのレースで1番人気に支持されてきたジェネティクスが今回も人気に推されそう。約5か月ぶりの休み明けだが、オープン2勝目なるか。他には、同舞台の千葉Sを勝っているアポロビビ、3歳馬カレンロマチェンコなどがエントリー。

■中山で2歳オープン・カンナS
 中山9Rは芝1200mのカンナS(OP)。新馬戦で人気に応えた米国産馬ジャスパークローネ、シーイズトウショウの仔フリートオブフット、小倉2歳S・5着からの巻き返しを狙うインプロバイザーなど。

■今年は2000mで行われる野路菊S
 中京9Rは野路菊S(OP)。昨年は中京1600mだったが、今年は2000mで行われる2歳オープン。新馬戦に続き名手・武豊騎手が手綱を執るシルバーステート産駒ロン、ハービンジャー産駒のロードリライアブル、小倉2000mの新馬戦を快勝したモーリス産駒のマテンロウスカイなどがスタンバイ。

■障害オープン・清秋JS
 中山8Rは障害3210mの清秋JS(OP)。昨年の同レースで1番人気10着に敗れた雪辱を狙うレンジストライク、出走唯一前走が重賞だったマイティウェイ、徐々に着順を上げて前走障害未勝利を突破したベイビーステップなど。

■プリモダルクの芝連勝なるか
 中京11Rは芝1200mの長篠S(3勝)。初芝だった前走を当時のJRAレコードで逃げ切ったプリモダルクが人気の中心となりそう。引き続き福永祐一騎手とのコンビで連勝なるか。他には、前走同級で2着だったロードベイリーフ、2走前で3着と結果を残しているグッドジュエリーなど。

■中山5Rの新馬戦にアイレなど
 中山5Rは芝1600mの新馬戦。今年の札幌2歳Sを勝ったジオグリフが甥にいるドレフォン産駒アイレ、仕上がり上々のキタサンブラック産駒ビジュノワール、追い切りでの素軽い動きが目を引いたバトルプラン産駒ファロロジーなどがデビュー。

■中京5Rでレッドリヴェールの仔らがデビュー
 中京5Rは芝1400mの新馬戦。13年の2歳女王レッドリヴェールを母に持つスクリーンヒーロー産駒レッドアクトゥールが、松山弘平騎手とのコンビで初陣。他にも、16年のマーメイドS勝ち馬リラヴァティを母に持つエピファネイア産駒ホートンプレインズ、重賞2勝馬スマイルカナの妹にあたるエピファネイア産駒エイシンブラボーなど。

■白浜騎手、長岡騎手のバースデー
 本日は白浜雄造騎手が42歳、長岡禎仁騎手が28歳の誕生日。長岡騎手は中京で2鞍の騎乗を予定。白浜騎手は本日の騎乗はないが、日曜は中京1R・障害未勝利に騎乗予定となっている。

■福永祐一騎手が区切りの勝利まであとわずか
 福永祐一騎手はJRA通算2500勝まであと2勝で、本日は中京で6鞍に騎乗。藤岡佑介騎手はJRA通算900勝まであと1勝で、本日は中京で2鞍に騎乗。斎藤新騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は中京で3鞍に騎乗する。

関連リンク

  • 9/25 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます