29日(にくの日)に食べたい! 都内のガッツリ&デカ盛り「肉グルメ」5選

拡大画像を見る

 29日、それは給料的にも余裕がある月末。一月分の疲れを癒す、そしてパワーチャージしたくなる日ではないでしょうか? さらに29(にく)の日でもあります。そこで、これまで取材した肉系のお店の中で、かぶりつきたくなる! ガッツリ系・デカ盛りグルメを5つ紹介します!

子供の頃からの夢を実現!『ザ・ハンバーグ』(高田馬場)の2kgハンバーグ

 50g刻みで好きなボリュームのハンバーグを注文できる店で最大量が2kgのハンバーグ。実際は焼く際に肉汁などが溢れるため、付け合せなどを含め1531gに。ゴハン大盛りをプラスするとトータル2kgのボリュームです。

 大きな肉挽き機で塊からミンチにした牛豚の合挽き肉は、部位によって脂の違いがあるので、バランスを見ながら毎朝挽いて調合するこだわりが。サイズの注文を受けたのち、測ってこねて、鉄板の上で焼き目をつけたのち、オーブンに入れて中までじっくり火を通すので、大きくてもやわらかジューシー。

 ハンバーグ自体に味付けがしっかりつけられているので、ソースなどはつけなくてもそのまま美味しいのですが、付け合せの野菜とともに大根おろしが添えられているほか、テーブルにはリーペリンのウスターソースや醤油などもあり、味変も可能。最後の一口まで幸せな気持ちになれるハンバーグです。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

店名:ザ・ハンバーグ 高田馬場店

住:東京都新宿区高田馬場2-14-7
TEL:03-3232-9959
営:11:00~22:20(ランチタイム~16:45)
休:なし

どかーんと塊肉! 豪快な気分になれる『ガッツ・グリル』(新宿)の「マグナム・ステーキ」

 焼く前の塊肉で計測して幅約21cm、厚さ6cm。公式ボリューム720gの牛肉。店に来たお客さんのほとんどが注文するリブロース肉の塊「マグナム・ステーキ」。シェアOKなので、大食いに自信がない人も誰かと食べに行けばオッケー!

 公式で720gですが、実際に計測したら焼いた後、つまり脂が落ちた後で798g(器の重さを除く)。その日入荷する肉によって大きさや形が異なるため、経験値で厚みを決めてカットするそう。なので実際は720gより上になることが多いようです。

 ガーリックバターの他に、香味野菜ソース、黒ガーリック、マスタード、醤油などがあり、いろんなパターンの味が楽しめるのも魅力の一つです。

 そして、お得に楽しむには、ディナータイム食べ放題飲み放題2時間4000円(未成年3000円、4~12歳1200円、3歳以下無料、2名~)をチョイス。全メニュー対象なので、マグナム・ステーキ以外のメニューやドリンクも合わせて満喫しましょう!

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

店名:ガッツ・グリル 新宿店

住:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルB1
TEL:03-3346-1680
営:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00(L.O.21:00)
休:ビルの休業日に準ずる

アメリカ最高級ランクの肉!『ジャンボステーキ はらぺこや』(蒲田)の「1ポンドステーキ」

 1ポンドって日本人には馴染みがないですがステーキではよく聞く単位。で、1ポンド=約453.6g。500gにちょっとかける重さが1ポンド。『ジャンボステーキ はらぺこや』の「1ポンドステーキ」は計測すると、幅約30cm、奥行き約17cm、一般的な鉄板より一回り大きめの鉄板で、完成品のステーキ&添え物の野菜は431g(器の重さを除く)。

 熱いうちにカットして口の中に入れると肉の旨みがすごい! そして、肉汁とともに、オニオンガーリックソースの甘さ、少し遅れてニンニクのパンチが広がってきます。

 1ポンドでは物足りない、という人には「ハラミステーキ(800g)」(3960円)、700gで3520円もおすすめ。チャレンジメニューがあり、平日の10、20、30日限定で、1ポンドステーキ3枚と大盛りライス500gを30分以内で完食したら無料(失敗の場合6530円の支払い)。3kgぐらい余裕だよ、っていう強靭な胃袋をお持ちの方にだけおすすめです。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

店名:ジャンボステーキ はらぺこや 蒲田東口本店

住:東京都大田区蒲田5-21-13 ペガサスステーションビルB101
TEL:03-6424-5633
営:11:30~15:00 LO14:30)、17:00~22:00 (L.O.21:30)、日・祝11:30~21:00 (L.O.20:15)
休:木曜

ハンバーグとステーキ、両方一緒に食べたいなら!『モンスターグリル』(恵比寿)の「ハンバーグ×モンスター」

 塊肉も挽肉も腹一杯食べたい! なら恵比寿や上野、五反田にある『モンスターグリル』へ。肉の塊ドーン、それに負けない大きさのハンバーグドーン! 計測すると鉄板は17×27cm、その上にあるハンバーグは14×11cm、ステーキは17×15cm。重さは、肉と温野菜などで828g(鉄板の重さを除く)。

 ソースはデミグラスソース、OZソース(店オリジナルのレモンの効いたソース)、和風ソース、ガーリックソースがあり、卓上にはマスタード、塩胡椒、ガーリックチップもあって味変し放題!

「ハンバーグ×モンスター」の他に、ハンバーグ450gとリブロースステーキ450gの「ハンバーグ×リブソース」、リブロースステーキ450gとモンスターステーキ450gの「リブロース×モンスター」があり、この3つが「最強キングコンボ」メニュー。ここでも、ハンバーグ3kg、ゴハン1kgを35分以内に食べたら、料金無料&食事券2000円がもらえるチャレンジメニュー「MONSTER TOWER」(失敗の場合8000円支払い)がありますよ。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

店名:モンスターグリル 恵比寿店

住:東京都渋谷区恵比寿1-8-14 大黒ビル B1F
TEL:03-3440-1731
営:11:00~21:45(L.O.)、某自転車デリバリーは22:30(L.O.)
休:なし

いろんなおかずでガッツリ!『キッチンカロリー』(御茶ノ水)の「メガ盛り」で決まり!

 明大出身の人はもちろん、御茶ノ水に縁があった人にとって懐かしい味なのが『キッチンカロリー』の「カロリー焼き」。牛肉、タマネギ、パスタの織りなす醤油ニンニク独特の美味しさは、昭和から平成、令和になっても健在です。

 店一番のボリューム飯なのが、カロリー焼き、ハンバーグ、大エビフライ、カラアゲがセットになった「メガ盛り」。カロリー焼きだけでメガ盛りではなく『キッチンカロリー』の人気料理が1つになったオールスタープレートです。カロリー焼きだけいっぱい食べたい場合は+300円で肉2倍、があります。

 メガ盛りは530g、ライス大盛りで315g、スープが159g(器、鉄板の重さを除く)でトータル1004g。中央にカロリー焼き、周りにハンバーグ、唐揚げ、トウモロコシ、上に大エビフライ。レモン&タルタルソースも乗っています。醤油味のカロリー焼き、肉ムッチリのハンバーグときて、レモン&タルタルソースのエビフライは揚げ物なのにスッキリ感。さらにカラアゲで、どんどんテンションが上がる「メガ盛り」。その旨みを全て吸ったカリッとモチっとパスタまで、旨みの連続波状攻撃がすごい!

 平日15:00~17:00はアイスコーヒーかウーロン茶がサービスなので、あえてランチタイムを外していくのもおすすめですよ。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

店名:キッチンカロリー

住:東京都千代田区神田駿河台2-4 第二御茶ノ水ビル 1F
TEL:03-3294-3550
営:10:30~21:00、土曜・祝日~18:00、日曜~16:00
休:なし

 29日、にくの日だからこそパワーチャージに肉! 中にはテイクアウトやお弁当を販売しているお店もあるので、買って帰るのもおすすめです。普段は野菜とのバランスが~、とか、カロリーが~、とか気にするかもしれないけれど、29日は迷いなく肉に食らいついちゃいましょう!

(撮影◎小嶋裕 取材・文◎いしざわりかこ)

※緊急事態宣言、まん延防止等重点措置などで営業時間の変更、休みなどがある場合があります。

関連リンク

  • 9/25 10:48
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます