前田敦子、田中圭の“たくらみ力”を語る「楽しいことが好きな方」

拡大画像を見る

田中圭さんが主演を務めるHuluオリジナル『死神さん』(全6話/毎週金曜、新エピソード配信)が、9月17日よりHuluで独占配信されています。

大倉崇裕さんの同名小説をドラマ化した本作。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(田中)が、事件のたびに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査。真実を明らかにしていく姿を描きます。

長髪を隠す帽子、鼻先のホクロ、神出鬼没で独特な語り口調……と挙げればキリがない特徴を持つ儀藤の連絡係となるのが、警視庁広報課巡査長の南川メイ(前田敦子)。

儀藤が担当する事件を彼女なりにバックアップしていきますが、時には“使いっ走り”と言われることも!? 明るく元気なメイと不思議な男・儀藤のやりとりに目が離せません。

そんな物語のスパイスともなるメイを、コミカルに演じている前田敦子さんに、ご自身の役柄のことはもちろん、儀藤や田中さんの印象についてお聞きました。

――本作の監督は『ケイゾク』『SPEC』シリーズで知られる堤幸彦さん。中でもメイは、堤監督の作品ならではのキャラクターだと思います。

監督の世界観でしか通用しない子だなと思いました(笑)。でも、演じていると“可愛く作り上げてくださっているな”と感じます。

――演じる前と後でメイの印象が変わることはありましたか?

脚本の時点で、すごくキャラクター性があったのですが、そこへさらに、監督のギャグがプラスされているなと思いました。

――堤監督とはどんな話をされたんですか?

すごく仲がいいので、(ドラマの内容とは)違う話をしていました(笑)。監督はもともと学者さんになりたかったらしくて、ホモサピエンスの話になったんです。大陸によって生き方が違った話とか、すごく面白かったです。最終的に「ホモサピエンス全集」のような漫画を(ネットで)買ってくれて、次に現場で会ったとき、本当にいただきました(笑)。

――演出面はいかがですか?

監督がその場その場で指示をしてくださるので、お互いの瞬発的なリズムみたいなもので作り上げていきました。そういった意味では、オン・オフはっきりしているのが、堤さんの現場なのかなと思います。

――田中さん演じる儀藤といざ対峙した際、どんなことを思われましたか?

お茶目なところがあるのが『死神さん』の面白さなのかなと思います。同じトーンなのにふざけていたりするところは、一緒にお芝居していても面白いところです。

――「使いっ走り」呼ばわりされるシーンもありました。

2人とも自分勝手なんですよね。でも信頼はしあっている、おもしろい関係です。別に儀藤さんが求めていなくても勝手にやっちゃうのがメイだと思うんですよ。儀藤さんはメイに何も求めていないし、やってくれるからただお願いしているだけ、みたいな。2人の自分勝手感はすごく面白いなと思います。全然まじりあうつもりがないんだろうなって。

――田中さんの印象を教えてください。

器用な方だなと思います。台本の台詞を覚えるのが本当に早いんですよ。私は躊躇しちゃうタイプなので、“あっているかな?”って不安になるんですが、田中さんはその躊躇がない。10ページくらいの台詞もすぐ覚える方なんだと思います。見ていてすごいなって。

あと、“面白いところはもっと面白くしよう”とするたくらみを持っている方なので、楽しいことが好きなんだろうなと感じます。真剣なところこそ淡々と演じられて、面白いところをひと癖ふた癖足そうとしていたので、出し引きがうまい方だなと思いました。

――アイドルをやっていたことが俳優業に役立っていることはありますか?

体力というものに関しては自信しかないですね(笑)。それは“心の体力”も、かもしれません。私、自分で勝手に落ちたりしないんですよ。特に仕事のことは全然。もちろん人間なので、プライベートなことで小さく悩むことはありますが、仕事で“もうダメだ”っていうモードって絶対ないんです。それは、自分の持っている才能かなと思います。そういう部分で図太くないと、この世界では難しいのかなと思います。……打たれ強いです(笑)。

――リアルな演技も前田さんの魅力のひとつ。芸のこやしとして、日ごろやっていることはありますか?

ちょっと面白い人を見つけたら、“そうだよな。こういう人いるよな”って思ったり(笑)、あと、すごく仲のいい人と喋っているとき、“普通に喋るってこんな感じだよね”って自分のことを観察することがあります。

お芝居では、普通の会話が難しいと思っていて。普段、人の話をちゃんと聞いてからしっかり返すようなキャッチボールってなかなかないですよね。仲のいい人と喋っていると、マシンガントークになったりするじゃないですか。「、」「。」なんてないというか(笑)。(作品を)見ている人のために、そうしないと成立しないのは理解しているんですけど、ふと“友だちと話しているシーンだったら、どうするんだろう”って考えることがあります。

(撮影・取材・文:浜瀬将樹)

<第壱話 あらすじ>
1年前に発生した大塚資産家殺人事件の被告に無罪判決が下った。当時、事件を担当していた刑事・大邊誠(小手伸也)は、立て続けに毒ガス・爆弾騒ぎを起こしていたエンジェル伊藤と名乗る愉快犯を追っていた。その捕り物の最中に、大邊は奇妙な男に拘束されてしまう。その男は「警視庁から来ました儀藤堅忍(田中)です」と名乗った。儀藤は、警視庁内で死神と呼ばれる、再捜査専門の刑事だった。大邊は儀藤に反発するが、次第に、その型破りな捜査に魅了されていき……。

<番組概要>
Huluオリジナル『死神さん』
9月17日からHuluで毎週金曜、1エピソードずつ配信(全6話)

出演:田中圭、前田敦子
ゲスト:小手伸也、蓮佛美沙子、りんたろー。、長谷川京子、竹中直人ほか
原作:大倉崇裕「死神さん」(幻冬舎文庫)
演出:堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)ほか
主題歌:「浮世小路のblues」宮本浩次(ユニバーサル シグマ)

関連リンク

  • 9/25 9:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます