手作りする《フェルト》アイテム特集。簡単〜応用まで可愛い小物作品の作り方をご紹介

拡大画像を見る

フェルトで手作りを楽しみませんか?

ほつれる心配もなく、また手触りも心地よいフェルトは手作り初心者さんから上級者さんまで、幅広い方から人気のアイテム。

初めて手作りをした時の材料がフェルトだった!という方も多いのではないでしょうか。今回はそんなフェルトを使った手作り作品の実例や作り方をご紹介。

マスコットや雑貨、小物などさまざまなものをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。お子さんと一緒に作るのもおすすめですよ。

フェルトの手作り作品【キッズグッズ編】

豪華なケーキセット

ケーキ

出典:instagram(@petit.mily)

思わずお腹が空いてしまいそうな、素敵なホールケーキです。ケーキそれぞれのデザインが違うので、楽しさも満点ですね。

フェルトと綿だけで仕上げる作り方でもいいですし、あらかじめ厚紙などで形を作ってフェルトを貼り付けていくという作り方も簡単なのでおすすめ。

大好きなケーキを思い浮かべながら手作りしたり、お子さんが好きなキャラクターのモチーフをプラスしたりとアレンジの幅も広がる作品です。

楽しさ満点のお医者さんセット

お医者さん

出典:instagram(@rinonori3)

なんともかわいいお薬やばんそうこうなどのお医者さん小物は、実はフェルト製。

ばんそうこうにはマジックテープがついているので、傷部分に巻くこともできるのだそうです。

雑貨アイテムとしても飾っておきたくなるような可愛い手作りのお医者さん小物は、思わず大人も欲しくなってしまいますよね。

手持ちのぬいぐるみやマスコットにぴったりサイズのものを作ると、より本格的な遊びが楽しめるでしょう。

お気に入りモチーフのアップリケ

アップリケ

出典:instagram(@elie.snowdiva)

お気に入りキャラクターやモチーフがあるという方にぜひチャレンジしていただきたいのが、アップリケ。

お手持ちの布小物にアレンジするだけで、世界に1つだけのキャラクターグッズを作ることができるんです。

フェルトなら端の始末もいらないので、小物にそのまま縫い付けるだけでOK。

簡単にアップリケできるので、キャラクターものの手作りは敷居が高そうで……とお悩みの方にもおすすめです。

名前のアップリケも◎

名前のアップリケも◎

出典:instagram(@rika.i.house)

実用的なアップリケがよいという方におすすめなのは、フェルトを文字型に切り取るアイデア。

型紙は自分で手描きするほか、パソコンなどで印刷する作り方だと簡単に綺麗な作品になりますよ。

実例のようにフェルトを2枚重ねにするとより目立って分かりやすいアップリケになります。

手作りが苦手という方はボンド等で貼り付ける作り方なら簡単でしょう。

フェルトの手作り作品【インテリア雑貨編】

パーティーデコにも使える王冠

王冠

出典:instagram(@rika.i.house)

なんとも可愛い王冠は、フェルトで作られているもの。そのまま飾っておくのはもちろん、お子さんなどご家族の誕生日デコレーションにもぴったりですね。

こちらは数字の部分がマジックテープで簡単に取り換えられる作り方になっているとのこと。これなら繰り返し使えるのでエコですよ。

手作りならサイズも自在なので、冠をかぶせたい方の頭位を計って作ってみてくださいね。マスコットサイズで作るのも、かわいいのでおすすめです。

触り心地もばっちりの手作りクッション

サボテン
出典:https://diyrepi.com/

フェルトの柔らかさを活かして手作りをしたいなら、クッションに仕立ててみるのもおすすめです。

こちらは好みの形にフェルトを切って綿を詰め込んだ簡単クッション。

フェルトの接着はグルーガンを使う作り方なので、縫い物が苦手という方にもおすすめのアイデアです。

こちらの実例ではサボテン型になっていますが、動物型などお好みのモチーフで作ってみてはいかがでしょうか。

デザイン性ばっちりのクッション&モビール

クッション&モビール

出典:instagram(@sakiii300)

海外インテリアでも人気のクラウド&ムーンモチーフの手作りクッションとモビールです。こちらは手縫いで全て縫われているとのこと。

大人っぽいカラー&可愛いモチーフのアイテムはキッズルームにはもちろん、寝室やリビングにもぴったりですよね。

ちなみにムーンモチーフの目の部分はペンで書いたとのこと。刺繍をするよりも簡単なアイデアは、ぜひ真似してみたいですね。

作り方は先ほどのクッション中に綿を詰める方法が簡単なのでおすすめです。

ディスプレイにもぴったりのマスコット

ディスプレイにもぴったりのマスコット

出典:instagram(@shigepy_)

シェルフの上などにさりげなく飾っておけそうなマスコットも、フェルトで作るのがおすすめです。

こちらは100円ショップのキットを使って作ったとのこと。手作り初心者さんでも簡単に作れるので、ぶきっちょさんでも簡単ですよ。

インテリア雑貨として飾る他、ブローチピンなどをつけてファッションアイテムにするのも素敵です。

より簡単な作り方をお探しの方は、キットを使うのがおすすめですよ。

フェルトの手作り作品【季節アイテム編】

やわらかくて長持ちする兜

兜
出典:https://flets100.jp/

新聞紙やチラシで作るおなじみの兜も、フェルトで作ればほっこりと暖かなムード。紙製のものと違って長持ちするのもうれしいですよね。

作り方は新聞紙などと同様、折っていくだけなのでとっても簡単!折った部分はボンドで留めていくとしっかりと固定できます。

カットクロスなどをプラスするとよりおしゃれでハイセンスな仕上がりが期待できます。小さめサイズで作るとマスコットなどにも被せられてとってもかわいいですね。

ほっこりムードのこいのぼり

こいのぼり

出典:instagram(@knm.k_home)

こちらは、フェルトを使ったこいのぼりです。モノトーンカラーのフェルトは、季節アイテムも大人っぽくアレンジできるのが魅力的。

お子さんの名前をプラスすると、よりテンションの上がる季節飾りになるでしょう。

土台はキッチンペーパースタンドとのことなので、手作り初心者さんも簡単にできそうな作り方となっています。

少し大きくなったお子さんとなら、一緒に作ってみるのも楽しそうですね。

マスコットと組み合わせるお雛様

お雛様

出典:instagram(@knm.k_home)

手持ちのマスコットとフェルトを組み合わせて作る、オリジナルのお雛様です。

マスコットのサイズにあわせてフェルトを切って接着するだけなので、作り方はとても簡単。

手作りなら色や大きさも自由なので、お好みのマスコットをお雛様使用にできちゃいますよ。

剥がせる糊やテープを使えば、シーズン終了後はまた飾りなおせるのもうれしいポイント。手作りの幅も広がるアイデアは必見です。

フェルトの手作り作品【実用品編】

羊毛フェルトを使った鍋つかみ

鍋つかみ

出典:instagram(@kuralico)

見た目も暖かなフェルトは、鍋つかみにもぴったり。手作りなら自分の手のサイズやお鍋のつまみにちょうど良いものが作れそうですね。

こちらは羊毛フェルトで作っているとのことですが、シート状のフェルトでも応用可能。

作り方は円形のフェルトと半円形のフェルト2枚を縫い合わせていく方法が簡単でしょう。

フラットタイプの鍋つかみは鍋敷きとしても使えるのでとっても便利です。

祝福の気持ちも伝わる袱紗と祝儀袋

祝儀袋
出典:https://diyrepi.com/

フェルトの中には、おしゃれで可愛い柄入りのものも。こちらはそんな柄入りフェルトを使って袱紗とご祝儀袋を手作りしている実例です。

華やかなデザインの袱紗とご祝儀袋は、おめでたいシーンにもぴったり。お祝いの気持ちもきっと伝わることでしょう。

特にご祝儀袋はお相手の方が再利用できる可能性もあるため、エコなアイテムとしても喜ばれるでしょう。手作りならではのほっこり感も魅力の作品です。

手作りがもっと楽しくなるピンクッション

ピンクッション

出典:instagram(@kuralico)

柔らかい素材のフェルトは、ピンクッションを手作りするのにも最適。

小さめサイズのフェルトでもできるので、手作りで余ったフェルトの活用にもおすすめですよ。

フェルトには刺繍などをプラスしてよりオリジナル感を出すのもよさそうですよね。

お気に入りのおしゃれなピンクッションがあれば、手作りタイムはもっと充実するはず。

作り方は土台(ペットボトルの蓋などでもOK)に綿を入れ、フェルトで覆う方法が簡単でおすすめです。

フェルトの手作り作品【まとめ】

フェルトを使った手作り作品のアイデアや簡単な作り方をご紹介しました!扱いやすく、またほっこりとした雰囲気が魅力のフェルトは、手作り初心者さんにもおすすめの素材。

きっと可愛い雑貨ができるはずですよ。お子さんとの手作りにも、ぜひ参考にしていただければと思います。

フェルトは手芸店ではもちろん、100円ショップなどでも簡単に手に入れられるので、ぜひ手作りにチャレンジしてみてくださいね。

関連リンク

  • 9/24 23:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます