<おかえりモネ 第96話>百音、気仙沼に帰還する

【モデルプレス=2021/09/25】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第96話が27日、放送される。

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる永浦百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。安達奈緒子氏の脚本による、オリジナル作品となる。

◆第96話あらすじ

百音(清原果耶)の企画は新事業としては通らなかったが、地方営業所扱いで社員のまま気仙沼へ戻ることとなった。莉子(今田美桜)、内田(清水尋也)、野坂(森田望智)らと互いの健闘を祈り、会社を後にした。

引越しの前夜は、明日美(恒松祐里)と飲み明かすことに。

明日美は、自分は地元に帰らないことを断言しつつも、百音が帰りたいと思えるようになったことは本当に良かったと心から喜んでくれたのだった。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/25 8:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます