BTSジミン&ホソク「65万おそろバッグ」で登場に“全然違う!”の驚嘆【画像】

拡大画像を見る

 9月20日、韓国の人気ボーイズグループ・BTSが米国ニューヨークの国連本部で開かれた「第76回国連総会」に出席し、SDGsプログラムの一環として演説を行った。また、その後に行われたインタビューが国連の公式YouTubeチャンネル上に公開され、9月22日現在、300万回以上の再生回数を誇っている。

「国連のグローバルコミュニケーション局事務次長であるメリッサ・フレミング氏が聞き手を務めたインタビューのなかで、BTSのメンバーたちはそれぞれ、SDGsの重要性を自分事として語りました。幅広い世代への訴求力がある彼らのメッセージは、地球規模で起こっているさまざまな問題の解決に向け、絶大な影響力は与えたことでしょう」(女性誌記者)

 今回のBTSの渡米では、国連でのスピーチやインタビューの他にも、久しぶりに披露したメンバーたちの「空港ファッション」に大きな注目が集まった。

「BTSのメンバーは9月18日の午後、韓国の仁川(インチョン)国際空港から出国し、日本時間の9月19日午前に米国ニューヨークJFK国際空港に到着。両空港にはファンや報道陣が詰めかけ、メンバーたちの私服に注目が集まったのです」(前出の女性誌記者)

■ホソクとジミンの正反対コーデ

 メンバー7人のなかでも一際個性的なコーディネートで目を引いたのがJ-HOPE(27)だ。

「J-HOPEことホソクは、もともとBTSメンバーのなかで1番の“おしゃれ番長”だと言われ、そのファッションセンスには定評がありました。今回も、BTSがアンバサダーを務める高級ブランド『ルイ・ヴィトン』のアイテムを着用し、メンバーそれぞれが個性を生かしたファッションを見せるなか、ホソクはハイブランドをミックした“ストリート系カジュアルコーデ”で登場し、世界中のファッショニスタたちを驚かせたのです」(前出の女性誌記者)

 ホソクはストリート系ブランドやデザイナーズブランドのアイテムに『ルイ・ヴィトン』のパーカー、スニーカー、バッグを合わせた“ミックスコーデ”を披露。

「一方で、ジミン(25)は全身を黒で統一したキレイ目スタイルで登場。ジミンは普段から黒を基調としたシンプルなカジュアルスタイルを好み、今回もブレないところはさすがです。コーデのポイントにもなっているショルダーバッグはホソクとおそろいの『ルイ・ヴィトン』の『プティット・マル』で、そのお値段は約65万の高級バッグです。

 同じバッグですが、対照的なコーディネートの2人が持つことで、ファンたちからは“同じバッグなのに全然イメージがちがう!”と驚きの声が上がっていましたよ」(前出の女性誌記者)

 おそろいのバッグを持ち、並んで空港に登場したホソクとジミン。メンバー同士の仲の良さもBTSの人気の秘訣だろう。

関連リンク

  • 9/25 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます