キングコング梶原雄太「炎上商法」では収まらない「相方・西野亮廣の二の舞退所」もあり得る「危険な会社批判」!!

拡大画像を見る

 人気YouTuber・カジサックとしても活動するお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(41)の言動が一部で波紋を広げている。

 9月19日、梶原は相方の西野亮廣(41)とともにキングコングの公式YouTubeチャンネル『毎週キングコング』に「【大事件】梶原も吉本興業を退所するかもしれません」と題した動画をアップ。

 梶原は「ものスゴい吉本に怒ってるんです」と切り出し、所属する吉本興業に関する不満を吐露したのだ。

 以前、カジサックの動画を「本社で(犬と)撮影したい」と事務所に申請して断られたものの、千原ジュニア(47)の動画では「普通に犬と撮影していて。もう1回確認したらOKが出て、そこで若干の不信感があった」と心境を語った。

 また、1月に吉本を退所した西野とともに「ルミネtheよしもと」の楽屋で撮影したいと申し出た際にも、新型コロナウイルスの感染対策のため、出演者以外は出入り禁止という理由からNGがだったと明かした。さらに、ルミネを貸し切って舞台で撮影したいと頼んでも、同じ理由でNGだったという。

 しかし、梶原はSNSで「ルミネの楽屋で吉本所属の芸人と客が写真を撮っている光景」を目にしてしまい、「今までで一番キレたんちゃうかな」と怒りを露わに。

 そして「俺たちも死ぬ気でYouTubeやってるわけよ。死ぬ気でもって会議で(アイデアを)絞り出してるわけ。俺はウソが嫌いやねん」「たとえばこれはないと思うけど、“西野さんが退所したから、あなたはルミネに立たせたくありません”って言われたら、それはもういいよ。でも、俺は吉本に恩があるから、その恩を返し切るまでは吉本にいる」とコメント。

 さらに「別に俺は(事務所を)辞めたいとかではないんよ。ちゃんとするんなら、ちゃんとしようよってことよ」と退所するつもりはないものの、ちゃんとした対応をして欲しいと訴えた。

■梶原動画に事務所社員出演で一件落着とはならず!?

 9月20日、梶原は個人のYouTubeチャンネル『梶原雄太の部屋』に「【ガチ】吉本の上層部に『俺ってもしかして圧力かけられてる?』と聞いてみた」と題した動画をアップ。

 一連の騒動ついては「いろいろと話し合いをして解決しましたし、納得しました」と報告。「でも、俺の中で“ルミネにはもう立てないの?”って思ってるところがあって。今、それを直接吉本のお偉いさんに聞こうかなと思って」と、梶原の元マネージャーを務めていた社員が登場。

 梶原が「生々しい話をあなたに聞くよ? こんなん言いたくないけどさ、西野が退所したでしょ。もしかして俺ってルミネに立たれへんの?」と直球の質問をすると、社員は「梶原さん、もちろん一切ないですよ!」と即答。

 さらに梶原が「ホンマに、俺は立てるの? じゃあ、立たせてよ!」と確認すると「いつでもどうぞ」と快諾された。これに梶原は笑顔を見せ、「じゃあ、和解といったらおかしいけど、そういうことでね。俺も吉本のことが好きやし、仲よくやっていきたいなと思います」と円満解決となった。

「梶原は、事務所と本気でケンカするつもりは全くないでしょう。にもかかわらず、『梶原も吉本興業を退所するかもしれません』といった“釣りタイトル”で視聴者の興味をそそる。それがYouTuberの炎上商法的なやり方でもあるんですが、こういったやり方を嫌う視聴者も多くいると思いますが、こうしたことに腹を立てている関係者も少なくありません。

 今回の騒動はYouTubeで事務所との話し合いを行なったため、一件落着したように見えます。しかし、“これ以上エスカレートすると本当に退所の危機がくる”とささやかれています。ヒカル(30)とのコラボ動画を出すタイミングもよくありませんでしたよね」(夕刊紙デスク)

■相方・西野は事務所社員への“パワハラ”で一気に退所へ

 人気YouTuberのヒカルとカジサックはこれまでもたびたびコラボ動画を投稿してきた。8月27日にはヒカルのチャンネルに「【もはや恒例】カジサックに過去4回仕掛けたドッキリと全く同じことを同じ場所でしてみた結果ww」という動画が、また、カジサックのチャンネルには「【大爆笑】ヒカル1日ママ体験が面白すぎた」という動画がアップされた。

「ヒカルといえば、元雨上がり決死隊の宮迫博之(51)とは昵懇の仲です。宮迫はヒカルのことを“息子”と言っていますし、8月29日にヒカルの生配信に出演した際には“ヒカルチーム、ヒカル関係者にどれだけ我々は救われてるか”とも話したほどですからね。

 ただ、相方の蛍原徹(53)がコンビの解散を意識するようになったのは、宮迫がYouTubeを始めたこと、そしてそのタイミングだったとも明かしています。雨上がりが番組で解散を報告したのが8月17日。そのわずか10日、梶原は宮迫のYouTuberデビューを後押ししたとも言えるヒカルとのコラボ動画をアップしたんです。

 動画はそれ以前に収録していたのかもしれませんが、タイミング的にはなんとも……。蛍原を苦しめたとして宮迫には世間からの批判も多くありましたが、彼の闇営業以降の言動に憤る吉本関係者が多数いるのは事実。ヒカルとのあのタイミングのコラボを良く思っていない事務所関係者もいそうです」(前出の夕刊紙デスク)

 また、話題を呼んだ9月19日と20日の動画「【大事件】梶原も吉本興業を退所するかもしれません」と「【ガチ】吉本の上層部に『俺ってもしかして圧力かけられてる?』と聞いてみた」の内容も良くなかったという。芸能プロ関係者は言う。

「相方の西野さんは事務所社員へのハラスメント行為が問題視されて退所に至ったと言われています。西野さんは“円満退所”を強調しています。ただ、彼は1月、ツイッターに“吉本興業には『今の形を改めないと辞めます』という話をさせていただきました”と、事務所や社員に対する不満を書き連ねたんです。

 さらに当時のマネージャーとのLINEのやりとりまで公開。これを事務所は“パワハラ”だと問題視したと言われています。芸人の会社なので、ネタのことや活動内容などあまり細かいことは言いません。しかし、今や吉本は大企業ですからコンプライアンスやハラスメントについては本当に厳格に対処しています。

 そんな中、西野さんは一般人である社員の名前をSNSにさらしたわけです。会社としてこれは看過することができず、一気に退所という運びになったと聞こえてきています」

■梶原の“炎上商法”が過激化すれば西野に続いて退所危機に

 2月12日の『FRIDAYデジタル』の直撃を受けた吉本の会長は、西野がマネージャーの実名を挙げてSNSで批判していたことについて「社員の士気や熱意は急速にしぼんでいったと思う。僕が一番心配しているのは社員の心のケア」とコメントしている。

「会長も西野さんのやったことで社員の士気が落ちてしまったと語ったんです。今回の梶原さんも、西野さんほどのレベルではありませんが、マネージャーと揉めているとYouTubeで発信したわけです。西野さんは笑いにもならない調子でマネージャーの実名をさらしました。一方の梶原さんはYouTubeで“ああだこうだ”言うことで、コンテンツとしては成り立っています。

 ただ、“社員を攻撃する”という方向性はよくありませんよね。これが激化していくと西野さんと同じになってしまいかねない。梶原さんはあえて炎上を狙ってやっているんでしょうが、吉本は一流企業ですから、コンプライアンスに抵触してくると洒落にならないことになってくる。そのため、“これ以上、過激化していくと梶原さんも危ないのでは”と考える関係者も少なくないというわけなんです」(前出の芸能プロ関係者)

 西野が退所してから9か月が経とうとしている中、梶原にも大きな変化が訪れようとしているのだろうか――。

関連リンク

  • 9/25 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます