フジ久代萌美元アナが「久慈暁子はヘタクソ」ボヤキ!?「超異例異動」からの「女子アナ復帰説」も浮上のウラ側!

拡大画像を見る

「7月の人事異動でアナウンス室を去った久代萌美元アナウンサー(31)ですが、今、後輩の久慈暁子アナ(27)の放送を見て、“ヘタクソだなあ”と周囲にボヤいているそうですよ」

 そう話すのはフジテレビで働く制作会社関係者。

 久代元アナは『さんまのお笑い向上委員会』や『ワイドナショー』などの番組に出演し、人気を博したものの、7月1日付の人事異動でネットワーク局ネットワーク業務推進部へ異動。

 久代元アナのインスタグラムのプロフィール欄にも「アナウンサー」ではなく「お台場でOLをやっています」と記載されている。

「ネットワーク局というのは、アナウンサーならまず行かない部署です。同部署は系列局とキー局であるフジテレビとを結ぶ業務がメインですが、フジテレビ局員でも実際には何をやっているのかわからないような部署でもある。花形のアナウンス室からネットワーク局への異動は異例中の異例とも言えます」(前同)

 アナウンス室を離れた久代元アナが、久慈アナを見て「ヘタクソ」とボヤいている、というのはどういうことなのだろうか。

 久慈アナといえば『めざましどようび』のメインキャスターを担当しているほか『めざまし8』にも出演。また、4月3日からは『さんまのお笑い向上委員会』のアシスタントにも就任した。

「久代元アナは『向上委員会』スタートの2015年4月から同番組のアシスタントを担当していましたからね。久慈アナがそのポジションを引き継いだこともあって、彼女の日頃の仕事ぶりを見て、思わず周囲に対して、“ヘタクソだなあ”と漏らすこともあるそうですよ。

 また、久慈アナに対して厳しく言うのは、久代元アナがアナウンサーの仕事に未練があるからでは、ともささやかれていますね。久代元アナは、異動発表直後、アナウンサーを続けられないことから退社も考えていたといいますし、現在でも続けているインスタグラムでは現役女子アナ顔負けの美貌、キュートな姿を見せています。そのコメント欄には、“可愛すぎる”“フリーランスは?”という感じで、彼女がまた表舞台に立つことを期待するような書き込みが並んでいます。

 そして、久代元アナは、異例中の異例の人事でネットワーク局に異動したわけですが、フジテレビの場合、またアナウンス室に戻れる可能性もありますからね」(同)

■久代萌美元アナの「アナウンサー復帰」がありうるワケ

 2006年にフジテレビにアナウンサーとして入社した小穴浩司元アナ(39)は、2011年6月付で報道局報道センターに異動となり記者職を経験。その後、2014年6月付で再びアナウンス室に配属され、アナウンサーに復帰した。

「小穴元アナはこの7月の人事で広報局へ異動となり、またしてもアナウンス室を離れることになりましたが、フジテレビではアナウンサーへの“カムバック”の可能性もあるんです。久代元アナもネットワーク局での仕事を真面目に続けていれば、アナウンサーへの復活ゼロではない。逆に広報局などに異動してしまうと、その部署にずっとい続ける例も多いですからね。

 久代元アナへの”期待の声”は局内でもある。『さんまのお笑い向上委員会』でも明石家さんまさん(66)にかなりハマっていましたし、『ワイドナショー』ではダウンタウンの松本人志さん(58)にも果敢にツッコミを入れて、大きな話題になっていましたよね」(前出の制作会社関係者)

 7月4日の『ワイドナショー』で松本は、久代元アナの異動に際し、「久代さんは大化けする可能性を秘めてるなと思っていたからちょっと惜しい気もするんですけどね」とコメントしていた。

「久代アナの今回の異例の異動は、一部では懲罰的な可能性もささやかれています。であれば逆に、一定期間を過ぎれば戻れるような気もしますが……。松本さんの言葉ではないですが、フジテレビらしい、笑いの取れる面白い女子アナとして、バラエティ番組での需要はまだまだ十分にありそうです」(前同)

 一方の久慈アナも、久代元アナのポジションを引き継いで『向上委員会』では慣れないながらもアシスタントをこなしている。

「4月には“ステマ疑惑”が報じられましたが、今では前のめりに仕事に向き合っているようです。ただ、天然な部分は相変わらずで、アナウンス能力もまだまだだと言われています。そうした部分を見て、久代元アナは“まだまだ”と思っているのではないでしょうか。

 また、久代元アナがそう漏らしている背景には、“自分はステマ疑惑に関わっていないのにアナウンサーから外された”という思いもあるかもしれませんね」(前同)

 フジテレビでこれまでなかったという異動でアナウンサーの職を離れた久代元アナ。惜しむ声が多い中、今後、フジテレビの社員としてアナウンサーに復帰することはあるのか。はたまた、フリーアナウンサーとして打って出ることもありうる!?

関連リンク

  • 9/25 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます