パリの香水ブランド「Essential Parfums」が日本初上陸!


2018年パリで設立されたフレグランスブランド「Essential Parfums(エッセンシャル パルファン)」が日本初上陸。9月16日(木)よりNOSE SHOP大阪、「NOSE SHOP」オンラインにて取扱いを開始した。

「Essential Parfums」

「Essential Parfums」は、2018年にパリで設立され、香水業界で25年以上のキャリアを持つベテランたちのノウハウが結集した香水ブランド。

複雑化・高級化が進みすぎた高級フレグランスの世界に、フェアな価格と確かな品質で一石を投じることを目的とし、持続可能な栽培方法で生産された天然原料と、環境にやさしいパッケージの香水だ。


オードパルファムは、10ml/6,050円(税込)、100ml/19,800 円(税込)に加え、2ml×7種でそれぞれの香りが楽しめるディスカバリーセット7,700円(税込)も展開している。

ラインアップ


「ボア アンペリアル」は、黒く巨大な垂直のライン。四方に飛び散る漆黒のサイン。インドネシアの最高級パチョリからバイオテクノロジーでアップサイクルされたアキガラウッドを中心に芸術的に組み上げた官能的でフレッシュなウッディノート。


「ディビン バニーユ」は、マダガスカルでサステナブルに生産されたバニラへのオマージュ。それは神秘的で、控えめで、深く、肉感的で狂おしいほど魅惑的な香り。マダガスカルの市場の散策で出会った、陽光に照らされ妖艶に香るバニラの記憶。


「オランジュ サンタル」は、輝くビターオレンジと雄大なサンダルウッドが、太陽で溢れるイタリアの海岸へとあなたを連れ出す。陽光がくっきりと描き出す、歓喜に満ちた甘美な鼓動と、ソフトで温かい柔和さとのコントラスト。


「ナイス ベルガモット」は、イタリア・カラブリア州の最高級ベルガモットの爆発。コモロ諸島のバラ、ジャスミン、イランイランのフローラルアコードが華を添え、シダーウッドとトンカマメが柔らかく温かなベースを残す。永遠のコンテポラリー。


「ザ ムスク」は、フレッシュでハニー、そして温かみを感じる。魅惑的な香りの絶妙なブレンドのアイテム。ジンジャーとラベンダーの幕開け。蜂蜜が、特別なムスクと相まってとろける甘さをもたらし、サンダルウッドが極上の滑らかさを表現している。


「ローズ マグネティック」は、すべての花の中で最も官能的なこの花は、神が創り賜うた全ての創造物の美と背徳を表す。遊び心と中毒性、それでいて現代的。ほのかに苦いグレープフルーツとフレッシュなペパーミントが、愛らしさに影を差す。


「モン ベチベー」は、カリスマ的でエレガント、しかし驚くべきこの構成はハイチのベチバーの本質を表現。メキシカンライムとジュニパーに彩られたジンのアコードがフレッシュさを吹き込み、パチョリとカシミアウッドが神秘さを加える。

洗練された透明感のある香りの「Essential Parfums」、一度試してみては。

画像をもっと見る

  • 9/24 18:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます