連続ドラマの常連!小芝風花は「突然、一目惚れの恋をするタイプ」恋愛は猪突猛進型!?

拡大画像を見る

美女の運勢占います!

小芝風花さん(1997年4月16日)

 占いライターの中屋沙鳥(ナカヤサトリ)と申します。占い以外のとある専門家なのですがセレブを勝手に占う熱が高じて連載を担当することになりました。西洋占星術とタロットに易占い等東洋のエッセンスを加えた特別の占術を使います。

 小芝風花さんは女優。7月から放映されたカンテレ・フジゴールデンプライム枠のドラマ『彼女はキレイだった』も好評でした。子どもの頃はフィギュアスケートに打ち込んでいて、悩んだ末に女優の道を選んだことは有名ですね。そんな小芝さんは、どんな運気の中にいるのでしょうか。見ていきましょう。

 小芝さんは闘争心の強い人。自分の能力を信じ、理想を目指して突き進む情熱を持っています。スポーツに適性のある人が多い生まれでもあります。また、自分の存在や価値を信じて自分を表現することが上手いので、フィギュアスケーターや女優のような仕事をするのはぴったりだといえるでしょう。

 演技や台詞は、時間をかけて確実に身につけていくタイプです。いざというときには自分の主張を押さえて我慢してしまうところがありますが、それは行動の結果に不安があるから。経験を積むにつれて、自分の望むように行動できることが多くなっていきます。私生活では楽観的ですが、本人の中では我慢と楽観は矛盾なく同居していそうです。

 小芝さんは恋愛にはそれほど熱心ではないのですが、突然、一目惚れの恋をしてしまうようなところがあります。「好きになった人がタイプ」という人で、積極的にアプローチをしますが、いざ恋人になってしまうと、情熱が冷めてしまうようなこともありそう。小芝さんを愛して、大切にしてくれるお相手を見つける方が、お付き合いが長続きするでしょう。

 小芝さんが朝のNHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演した2016年は、私生活に変化が訪れる時期でした。高校の卒業時期とも重なっているので、そのときに仕事に合わせて自分の生活を調整していくという変化があったのではないでしょうか。

 小芝さんの2021年から2022年にかけては、私生活も仕事での顔も大きく変化していく時期です。昨日の小芝さんと今日の小芝さんは、全く違うということもありそう。2016年の変化より小芝さんは苦労しそうですが、それだけの実りを得ることができそうです。ファンとしては、小芝さんが、毎日どんな風に変化していくのか、楽しみにできそうですね。

(占いライター・中屋沙鳥)

関連リンク

  • 9/24 22:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます