「どうしたらいいの?」遠距離恋愛で彼と喧嘩したときの対処法!

拡大画像を見る


遠距離恋愛は、近距離恋愛に比べて、いろいろ障害があるもの。すぐに会えなくて辛かったり、デートも少ないなど、寂しい気持ちになることも多いでしょう。
そして喧嘩をしてしまったとき、近距離ならすぐに謝りに行けたり手を打てますが、遠距離となると困ってしまうこともあるのでは?
遠距離恋愛で喧嘩したときの、効果的な対処法についてお伝えします。


一方的な連絡をしない

喧嘩をしたときは、「このまま連絡が取れなくなったらどうしよう」など、不安が爆発しているので、電話に出るまでかけ続けたり、LINEで「返信ちょうだい」「私のこと嫌いになった?」など、既読にならない不安をぶつけてしまうことも。
喧嘩をして冷静になりたい彼に、自分の気持ちばかりをずっと送り続けると、彼の気持ちも冷めてしまうので注意したいところ。
彼の立場として考えると、不在着信がたくさん入っていたり、LINEばかりがあると、嫌な気持ちになりますよね。
一時の気持ちのぶつけ方が、遠距離恋愛を破綻させてしまうので、気を付けましょう。


突然会いに行かない

遠距離恋愛で喧嘩をしてしまって、もし連絡が返ってこないと、どうにかして彼の顔を見て安心したい!と思ってしまうこともあるでしょう。
不安に耐えきれずに、自分の気持ちだけで予告なしに突然会いに行ってしまうと、【自分勝手な人】と思われて、彼の気持ちが冷めてしまうことも。
急に自宅近くまで来られても、そのままにしておくわけにはいきませんし、泊まるところなどを彼も考えなくてはなりません。
女性としては直接会って今の状態をどうにかしたいと思ってしまいますが、冷静になるまでは1人でいたい男性にとっては、そっとしておく方が無難です。


マイナスな言葉を送らない

連絡しない方がいいとしても、どうしても我慢できずに1回だけ連絡をしたいと思うこともあるでしょう。
その場合は、マイナスな言葉を送らないことがポイント。
「遠距離だからこんなことになったんだ」と、マイナスな言葉を発してしまうと、「それなら近い男と一緒にいたら?」と、突き放されてしまうことも。
【遠距離恋愛】はわかって付き合っていることなので、遠距離を喧嘩の理由にすることはあタブーです。遠距離だけど、やっぱりこの子と一緒にいたいと思われるのは、マイナスな言葉を送らないことが重要なポイントになります。


遠距離恋愛で喧嘩をしたときは落ち着いて!

遠距離恋愛で喧嘩をしてしまったときこそ、まずは落ち着いて行動することが大切。慌てて行動してしまいがちですが、まずは【自分がされて嫌なことはしない】のが鉄則。
一方的に動いてしまうと解決しないので、遠くにいるなら落ち着く時間ができたと、冷静になる期間をしっかり作りましょう。心の整理をしてから話し合うことで、2人の心の距離もグッと縮まるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/24 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます