“ジャズりんご”って何!?シャキシャキ食感とさわやかな味わいがたまらない♡

拡大画像を見る

今回はパン以外の話題から。
 
皆さん、「ジャズりんご」ってご存知ですか?
先日友人に教えてもらって知ったジャズりんご。ニュージーランド生まれで、鮮やかな赤×橙色の、ちょっぴり小ぶりなりんごなんです。第一印象は「丸かじりしたらカッコよくきまりそうなりんご」。笑

ジャズりんごを食べてみた


 
(ひとまず丸かじりへの憧れはぐっと胸の奥にしまい…)カットしてみると、フレッシュな香りとともに白っぽい果肉が顔をだします。果肉はキュッと引き締まっていて、シャッキシャキ。味わいは、日本のりんごと比べると酸味がやや強めでしょうか。甘酸っぱさの後にほんのり青っぽさも感じられるので、爽やかな味わいです。皮も厚めで歯ごたえ抜群。

在宅勤務中の気分転換にもぴったり!


ジャズりんごのシャキシャキ食感とフレッシュな甘酸っぱさは、お仕事中の気分転換にぴったり!ジャズりんごはワックスを使っていないので、サッと洗いで皮ごと食べられます。小ぶりなので、ざっくり4等分して芯をとるだけでOK(もちろん歯が強ければ丸かじりもOK)。半日程度保管してもカット面がほとんど変色しないので、私は朝にカットして、タッパーに入れて冷蔵庫で保管しています。
 

ジャズりんごをアレンジしてみた


さてさて、パン好きとしては、おやつだけでは終わらせられないジャズりんご。
マフィンでサンドづくりにも挑戦してみました。

<材料(1個分)>
・マフィン(今回はレーズン入りのものを使用)…1個
・クリームチーズ…1個
・ジャズりんご…1/2個
・メープルシロップまたははちみつ…お好みで
・バター…5gくらい
・グラハムビスケットやナッツなど…あるとちょっと映える(今回はおからクッキーを砕いてトッピング)
 
上下に切り分けたマフィンに、クリームチーズ、スライスしたジャズりんご、その上にバターを載せてトースト4分。その後上からメープルシロップをかけて、家にあったおからクッキーをトッピングしました。
 
うん。うんまい!!
 
りんごの上にバターを載せて温めることで、りんごの甘さがぐっと引き立ちます。そしてその甘さがクリームチーズやメープルシロップと混ざりあうことで、まろやかになってお口の中にひろがります。りんごのシャキシャキ食感は健在で、酸味もだいぶ柔らかくなりますが、最後にきゅん。と感じられるところが、ジャズりんごならでは。小ぶりだし、果汁が流れ出るりんごではないので、パンと組み合わせるのに扱いやすいのもうれしいポイントですね。
ちなみに、塩気が欲しくなって生ハム+胡椒をトッピングしたら、急におしゃれになりました。胡椒だけでも味わいが引き締まりますよ。
 

ジャズりんごの旬は夏。来年が待ち遠しい♡


ここで一つ悲しいお知らせが。
 
ジャズりんごは南半球で栽培されているので、日本とは逆で夏が旬なんです。なので、9月以降に出会うのはかなり難しいかも・・・。しばらく食べられないのが残念ですが、これからはしばらく日本の甘くてみずみずしいりんごをいただくことにして(ちなみに私は秋冬は毎日ふじりんごを食べます。)、またの再会を楽しみに待つことにしましょう。
 
公式サイトでは、ジャズりんごの販売店やジャズりんごを使ったレシピが紹介されているので、チェックしてみてくださいね!
 
ジャズりんご公式サイト:https://jazzapple.com/jp/

関連リンク

  • 9/24 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます