精神的に支えて♡つい彼以外に目が行ってしまう3つの瞬間って?

拡大画像を見る


辛いとき、精神的にそばにいてほしいのは、彼ではないでしょうか。周りの人がどんなことを言っても、彼がわかってくれたら、心もホッとしますよね。
ところが、彼が自分に対して適当に接したり、親身になってくれないと、「私って1人なんだ」と思ってしまうのは自然なこと。彼以外に目が行ってしまうこともあるのでは?
つい彼以外に目が行ってしまう3つの瞬間をお伝えします。


落ち込んでいるときに寄り添ってもらえない

落ち込んでいるとき、真っ先に彼に相談した経験がある人も多いのでは?心に寄り添ってくれたり、一緒に悩みに対して考えてくれると、とても心強いですよね。
ところが、「そんなこと考えたってしょうがないじゃん」「自分でどうにかしないとだめじゃん」など、寄り添ってもらえない状態になると、他の男性に相談したり癒しを求めてしまうもの。
特にアドバイスがなくても、寄り添ってくれるだけでいいのに...。と思ってしまいますよね。心にポッカリ穴ができたとき、他の男性に癒しを求めてしまうのは、自然なことです。


彼以外に魅力的な人が現れたとき

収入だったり、仕事ぶりだったり、彼よりもちょっと魅力的な人がいると、「この人と一緒になってみたいな」と思うこともありませんか?
浮気になるからと、グッとこらえている気持ちと、ちょっと遊んでもいいかな?と心がぐらついて他の男性に心が行ってしまうことも。
もし彼以外に魅力的な人が現れて、ちょっと心がぐらついてしまっても、素直な今の気持ちを大切にしていくのもアリでしょう。


自分のやっていることを認めてくれない

同棲していて彼のために家事を頑張っているのに認めてくれない、やってもらって当たり前だと思っているなど、承認欲求が満たされないとき、他の男性ならどうだろう...と考えてしまいますよね。
彼のお手伝いさんじゃないのに...と悩んでいると、つい自分の頑張りを認めてほしくて、他の男性に寄りかかりたくなります。
彼に「してもらうことが当たり前ではない」ことを知ってもらうことも必要ですが、他の男性に癒されて、グラっと心が揺れてしまっても、自分を責める必要はありませんよ。


彼以外に目が行ってしまっても自分を責めないで!

彼以外に目が行ってしまうと、浮気になってしまうような自分が嫌になったり、モヤモヤすることもあるでしょう。
気持ちが移ってしまうのは、一見タブーのように見えますが、彼が精神的に支えてくれないなら、素直に自分の気持ちに従ってみるのもアリ。
もし彼が精神的に支えてくれなくて、つい彼以外に目が行ってしまっても、心のゆとりを持たせてくれる男性のそばにいるのも、自分を取り戻すためには必要なことです。
ムリしないで、自分の気持ちに素直になってみてはいかがでしょうか?
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/24 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます