【ヒカル・インタビュー中編】宮迫博之は「東京の父親」 最近のエピソードも披露

【モデルプレス=2021/09/24】YouTuberのヒカル(30)が5日、京セラドーム大阪(大阪市西区)にて行われた「EXIA Presents KANSAI COLLECTION 2021AUTUMN & WINTER」(以下:関コレ)に出演。バックステージにて行ったインタビューの【中編】では、宮迫博之との関係について語った。

YouTubeでも頻繁にコラボを行い、焼き肉店の共同経営も計画中であるという宮迫とヒカル。

宮迫と蛍原徹によるお笑いコンビ・雨上がり決死隊が解散に至った際には「ヒカルが黒幕」と囁かれる事態となったが、ヒカル本人が動画にて言及。「僕は宮迫さんに出会えて良かった」と明かし、宮迫へのリスペクトをまっすぐに語った姿は多くの反響を集めていた。

◆ヒカル、宮迫博之は「東京の父親」

― 以前より親交の深い宮迫さんのコンビ解散を受けて、様々な声が飛び交っていましたが当時の心境を教えてください。

ヒカル:複雑なんですが、色んな声を頂けるのはありがたい気持ちもあるんです。やっぱり自分に知名度がなければネタにしてもらえないので。ただ間違った情報とかも出たりすると、その怖さもあります。でも僕はそういう世界でやっていくと決めたので、どんな弾が来ても跳ね返していきたいですね。そこがYouTubeの強みだと思うので。

― その動画内で宮迫さんに対して「出会えて良かった」と仰っていましたが、改めて宮迫さんへのお気持ちを教えてください。

ヒカル:出会ってまだ1年と少しなんですけど、かっこいいですね。やっぱりあんな50歳はなかなかいないというか…人生で出会った50歳の中で1番かっこいいですし、技術がすごいので接していて楽しいんです。本当に圧倒されるんですよね。色んなYouTuberと絡んできて思うのは、やっぱりレベルが違うんです。本当のプロと絡んでいる感じ。何十年間も芸能界の最前線で活躍されている方と触れ合う機会ってなかなか無いじゃないですか。今、宮迫さんと僕はほぼほぼ家族みたいな感じで触れ合えているので…すごいですよね。宮迫さんのことはどこに行っても誰もが知っているので、刺激をもらっています。「東京の父親」みたいな感じですね。

― 父親とまで思える方と出会えたのですね。

ヒカル:そうですね、父親です。ああいう人が父親だったらいいなと思える人。もちろん色々世間で言われることもあると思いますが、あんまり関係ないんですよね。僕のほうが言われているのでそこまで気にしていないです。

◆ヒカルが明かす宮迫博之の姿

― 宮迫さんとの最近のエピソードはありますか?

ヒカル:あの人すぐ泣くんですよ(笑)。宮迫さんって、酒を飲んで酔ったりしたら同じこと繰り返し言ったりするんですけど、やっぱり本当情に厚い人だなと思いますね。

― 例えばどういったところに情の厚さを感じられますか?

ヒカル:僕が少し失礼なノリで行った時も温かく迎え入れてくれるなど、僕のどんな態度も全て包み込んでくれます。大御所中の大御所にもかかわらず、仲良くしてくれるってすごいことだと思いますね。

― ありがとうございます。

(modelpress編集部)

★インタビュー【後編】に続く。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/24 19:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます