「センスがよくて笑った」「出オチ感がすごい!」 思わず買っちゃう『面白い商品名の鶏肉』

拡大画像を見る

食品の製造や販売、宅配などを行っている『生活協同組合コープさっぽろ』(以下、コープ)。

スーパーマーケットタイプの実店舗もあり、豊富な品ぞろえでオリジナル商品も販売しています。

ある日、北海道函館市にある『コープ山の手店』を訪れた、だいき(@8HHwm8xpcRqaAjs)さんは、総菜コーナーで気になる商品を発見しました。

加熱調理済みの、鶏肉の商品名を見てみると…。

小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている。

ライトノベル並みに長い!

ライトノベルの特徴の1つといえば『長いタイトル』。ものによっては、小説の内容をざっくりと説明したようなタイトルもあります。

こちらの鶏肉の商品名も、どんな料理なのかを説明しきるタイプでした。

一風変わった商品名に、こんなコメントが相次いでいます。

・出オチ感がすごい!

・やばい。センスがよくて笑った。

・最近どうかしてしまったのか、コープ!?

・これは面白すぎて買っちゃうね。

・確認したら、僕の地域のコープも攻めた商品名を付けています。

また、コープはほかにも面白い商品名を総菜につけているそう。

こんな商品名のラベルが容器に貼られていたら、まじまじと見てしまいそうですね!

『少しづつ、3点くらいおつまみを食べたいのです。』

『本日焼きました。こちら牛ヒレステーキです。』

『鶏の骨付きモモ(ハーブ焼)はこれくらいでも良い。』

『丸鶏にハーブオイルを塗り、30分は焼きました。』

スーパーマーケットでよく目にする総菜も、商品名次第で楽しい気分になれそうです。

どんな料理なのかも分かりやすいため、メリットだらけですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @8HHwm8xpcRqaAjs

関連リンク

  • 9/24 18:28
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます