天皇杯8強の組み合わせが決定! 王者川崎Fは鹿島と、J2磐田は大分と対戦

拡大画像を見る

 天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の組み合わせ抽選会が24日に行われた。

 連覇を目指すの川崎フロンターレは、5回の優勝を誇る鹿島アントラーズと対戦へ。7度大会を制した浦和レッズは、5度の優勝経験を持つガンバ大阪との対戦が決定した。

 また、J2勢で唯一の生き残りとなっているジュビロ磐田は、初優勝を目指す大分トリニータと対戦。22シーズンぶり3度目の優勝に期待がかかる名古屋グランパスは、4シーズンぶり2度目の優勝を目指すセレッソ大阪と対戦する。

 今後の日程は以下の通り。

■準々決勝
▼10月27日(水)[予備日:11月17日(水)]
【83】ガンバ大阪 vs 浦和レッズ
【84】名古屋グランパス vs セレッソ大阪
【85】川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ
【86】ジュビロ磐田 vs 大分トリニータ

■準決勝
▼2021年12月12日(日)
【83】の勝者 vs 【84】の勝者
【85】の勝者 vs 【86】の勝者

■決勝
▼2021年12月19日(日)
会場:国立競技場

関連リンク

  • 9/24 17:33
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます