リアルすぎるぬいぐるみにネットザワザワ「初見で気づけなかった」

拡大画像を見る

子供から大人まで、幅広い年代に人気を集めるぬいぐるみ。

中には、まるで生きているかのように精巧に作られた作品もあります。

動物、幻獣をモチーフにしたぬいぐるみを作る、クリエイターのアルベリヒ(@alberichnui)さん。

2021年11月に開催される、『デザインフェスタvol.54』にて展示予定の、作品の1つをTwitterに公開しました。

公開されたのは、アルベリヒさんが手がける『可動わんこ』シリーズの新作で、キツネのモデルです。

まるで生きているかような、リアルな動きをする作品をご覧ください。

見た目はもちろんのこと、口を開ける、首を振るなどの生き物らしい動作がなんともリアル!

毛並みはアクリルでできた『エコファー』を使用し、動きはアルベリヒさんが左手を入れ、手首などを動かすことで表現しているそうです。

この動きを再現するには、練習が必要になりそうですね!

このあまりにリアルな作品は、Twitterで大反響を呼んでいます。

・えっ、本物じゃないんですか、これ。

・すごすぎる!首をぐるぐるする動きがリアルで本物かと思った!

・これは驚かないほうが無理です…。

『デザインフェスタvol.54』では、このキツネのほかに、オオカミ2匹を展示予定とのことです。

どのような作品になるのか、とても楽しみですね!

また、価格については2021年9月時点では検討中とのこと。

決定次第、アルベリヒさんのTwitterにて発表される予定なので、 気になる人はぜひチェックしてみてください。

[文・構成/grape編集部]

出典 @alberichnui

関連リンク

  • 9/24 17:19
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます