江口拓也「アイの特別授業」思わずニヤリとしてしまう“あのセリフ”の元ネタは…

拡大画像を見る

株式会社アイセイが9月10日より公開している「アイの特別授業」が、公開からじわじわと話題を拡大中。公開初日で1000人を超える参加者とともに、さまざまな声がWEB上で広がっている。


「アイの特別授業」は、人気声優の江口拓也がキャラクターボイスをつとめる「アイセイせんせー」というキャラクターと、Twitterでやりとりが出来るコンテンツ。Twitterの回答機能により、さながら恋愛シュミレーションゲームのような感覚で楽しむことが出来る。教室や職員室、廊下など様々なシチュエーションで巻き起こるイベントに4択で答えると、答えに応じて胸キュンボイスが聴ける選択肢が含まれており、全12話のストーリーが順次公開されていく。毎週月・水・金曜日更新となり、1話につき投稿は4回(12:00/15:00/18:00/21:00)、1投稿につき1回チャレンジできる。(9月10日~10月10日まで実施)


8月16日より人気声優E氏として名前を伏せていた江口拓也のサンプルボイスをもとに「アイセイせんせー」の姿を予想するイラスト募集企画「アイセイせんせー予想大会」では、公開日までの募集ではあったものの、美麗なイラストが多数投稿された。さらに、公式Twitterが声優の正体を匂わせたツイートを投稿すると、江口拓也ではないかと予想を的中させる方も少なくなかった。

実は「アイの特別授業」でアイセイせんせーが喋るセリフには、アニメファンならピンと来るフレーズが盛り込まれている。例えば、アイセイせんせーが口にする「いい返事だった…生徒の鏡だ。」というセリフは、『バキ』シリーズに登場する花山薫の名台詞が元ネタとなっている。さらに「君の瞳が犠牲になることを容認するなんて、そんな愚かな考えは砕け散るべきだ。」というセリフは、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』に登場する比企谷八幡のセリフをオマージュしたもの。どちらも江口拓也が声優を務めたキャラクターであると、ファンならすぐに気づいてしまうかもしれない。今後もファンが思わずニヤリとしてしまうセリフを公開予定だ。

関連リンク

  • 9/24 17:11
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます