過敏性腸症候群で休養していたモー娘。佐藤優樹、卒業発表 今後はソロアーティストへ

【モデルプレス=2021/09/24】ハロー!プロジェクト公式サイトにて24日、モーニング娘。’21の佐藤優樹がモーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業することを発表した。

◆佐藤優樹、過敏性腸症候群の影響により卒業

過敏性腸症候群によりここ半年休養をしていた佐藤。医師の指導により、症状は以前より改善されたがグループでの活動の中では現在も支障をきたす状況が続き、このままモーニング娘。としての活動を続けていくのは難しいと判断。

所属事務所と佐藤の話し合いの結果、モーニング娘。のコンサートをもって卒業したいという佐藤の思いを受け、日本武道館の単独コンサートを卒業公演とすることに決定した。

◆佐藤優樹、今後はソロアーティストへ

今後の活動について、体調を観ながらにはなるが「卒業後もソロとして音楽活動を続けていきたい」「歌唱動画の配信など出来ることから始めていく」とつづっている。

また、年内にはモーニング娘。の佐藤にとって最後となるシングルの発売も予定。「モーニング娘。としての活動は残り数カ月ではありますが、引き続き、佐藤優樹、そしてモーニング娘。'21の応援をよろしくお願いいたします」と呼びかけている。(modelpress編集部)

◆公式サイト全文

いつもモーニング娘。'21及びハロー!プロジェクトを応援いただきありがとうございます。

メンバーの佐藤優樹ですが、2021年12月13日に日本武道館で行われるモーニング娘。'21単独コンサートをもってモーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました。

ここ半年ほど、過敏性腸症候群の影響により本人が満足いく活動、特にコンサートやイベントに参加出来ていない状況が続いております。

医師の指導のもと、食生活の見直しや薬の服用で痛みが出る頻度や強さは以前より改善されましたが、グループでの活動の中では現在も支障をきたす状況が続き、佐藤本人から、活動が安定しないことで、ここまでメンバーやスタッフにも迷惑をかけ続けているし、このままモーニング娘。としての活動を続けていくのは難しいという話がありました。

佐藤本人との話し合いの結果、2011年に10期メンバーとして加入して以来、モーニング娘。活動10年となるタイミングに、このまま先の予定を立てられない状況下でグループ活動を続けるのではなく、まずは症状の改善を第一に考え、グループでの活動に区切りをつけることになりました。

モーニング娘。のコンサートをもって卒業したいという本人の強い思いもあり、体調に不安が無いわけではありませんが、元々予定していた日本武道館の単独コンサートを卒業公演とする結論に至りました。

卒業後もソロとして音楽活動を続けていきたいという本人の意思もありますので、体調を観ながらにはなりますが、まずは歌唱動画の配信など出来ることから始めていく予定です。

弊社で佐藤優樹の新しいスタートを引き続きサポートしていきます。

年内にはモーニング娘。の佐藤にとって最後となるシングルの発売も予定しています。モーニング娘。としての活動は残り数カ月ではありますが、引き続き、佐藤優樹、そしてモーニング娘。'21の応援をよろしくお願いいたします。

2021年9月24日
株式会社アップフロントプロモーション

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/24 16:47
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます