ぎゅってして♡ハグしたい時にできる可愛いアピール方法4選

拡大画像を見る


好きな人とはずっと触れ合っていたいものです。しかしそんな自分の気持ちだけを優先する事はできず、そこには気持ちの葛藤があるでしょう。
ハグしたいときに可愛くアピールできれば、彼の方からぎゅっと抱きしめてくれるかもしれません。そこで今回は【ハグしたいときにできるかわいいアピール方法4選】をご紹介していきます!


手を広げる

手を広げるという行為自体、「抱きしめて」と言っているようなものです。ニコニコと笑顔で手を広げる姿を愛おしいと感じる男性は多いはずです。
決して女性からハグしに行くわけではなく、男性の方から来てくれる状況を作りだすことができます。分かりやすく、そしてかわいいアピール方法の一つです。


後ろから抱き着く

ハグをするタイミングは意外と難しいものです。なかなか人前ではできませんし、かといってお家デートでもそのタイミングは難しいです。それでも「ハグしたい」という気持ちはなくなりません。
そんなときは大胆に後ろから抱きついてみましょう。男性はびっくりするかもしれませんが嫌だと思う事は無いはずです。むしろ積極的に行動してくれる女性にドキッとすることでしょう。そのままイチャイチャ...♡なんてこともあるかもしれません。


「ちょっと寒い...」

寒さアピールをすることで「じゃあ暖めてあげる」とギュッと抱きしめてくれるかもしれません。
男性によってはマフラーを貸してくれたり上着をかけてくれたりするかもしれませんが、そんなときは「あなたに温めて欲しい」と伝えればOK!
こんなドラマみたいなセリフでも、男性はキュンとしてしまうこと間違いなしです。


「ぎゅってして」と言う

しかし中には女性が思っている事をうまく汲み取れない鈍感な男性もいます。男性に察してもらうような行動ばかりでは、してくれなかったときのショックも大きくなってしまいます。
そんなときは「ギュッとして」とはっきりと伝えてみるのもアリです。男性はストレートに伝えてくれた方がわかりやすく、行動に移しやすいので恥ずかしがらずに伝えることも必要です。
ただ思っているだけでなく、言葉で伝える方が男性が行動に移してくれる可能性が高くなります。


可愛くアピールして彼氏ともっと仲良くなろう♡

なかなか自分がハグしたいと思うタイミングでハグできる事は少ないかもしれませんが、「触れ合いたい」と言う気持ちはカップルであれば当然思っていることです。可愛くアピールすることできっと男性もギュッと抱きしめてくれるはずですよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/24 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます