「推しの王子様」最終回、比嘉愛未&渡邊圭祐がキス “ケント様”コスプレも披露で視聴者胸キュン

【モデルプレス=2021/09/24】女優の比嘉愛未が主演を務めるフジテレビ系木曜ドラマ「推しの王子様」(毎週木曜よる10時~)の最終話が23日、放送された。ラストのキスシーンに反響が寄せられている。

今作はドラマ「マルモのおきて」などを手掛けた脚本家・阿相クミコ氏と「おじさまと猫」などを手掛けた脚本家・伊達さん氏によるオリジナルストーリーで、比嘉演じる乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長・泉美が、渡邊圭祐演じるフリーター・航を理想の男性に育てるため奮闘するロマンティックコメディー。

◆泉美(比嘉愛未)&航(渡邊圭祐)がキス

会社を辞め、実家に戻っていた泉美。特に何もする気も起きず、ただ日々を過ごしていた。

そんな時、航から呼び出され会社を訪れた泉美。そこには乙女ゲーム内の人物であり“推し”であるケント様のコスプレをした航がいたのだった。思わず笑う泉美だったが、2人の出会いを振り返り「泉美さんと出会えて本当に良かった」と語る航の話を聞いたことで「もう逃げない。ちゃんと自分の気持ちに向き合っていこうと思う」と決意。

そして「本当にゲームを好きになって、あなたに出会えて良かった」と思いを伝え、コスプレを脱がせた後「航くんのことが好きです」と真っすぐに告白。泉美からの言葉に笑顔をこぼす航は、会社の面々から見えないよう扉を閉めてこっそりキスをしたのだった。

◆「推しの王子様」最終回に視聴者胸キュン

ハッピーエンドを迎えた最終回を受け、視聴者からは「きゅんきゅん」「カギ閉めてキスは破壊力すごい」「ストレートな告白でかっこいい」「ケント様のコスプレ強い」など多くの反響が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/24 16:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます