高市早苗氏 デーモン閣下からヘビメタ専門誌贈られ歓喜「人間の姿に戻った閣下とご飯したい」

拡大画像を見る

 自民党総裁選(29日投開票)に立候補した高市早苗前総務相(60)が24日、ミュージシャンのデーモン閣下と面会し、音楽業界の窮状について議論を交わした。

 閣下は、日本音楽事業者協会の瀧藤雅朝会長らと共に、新型コロナウイルスで打撃を受けたエンターテインメント業界の救済を求める要望書を提出。高市氏は「イベントなどの中止も相次いでおりアーティストの皆さまの窮状は容易に想像できます。コロナ発生前の令和元年度、2年度の税申告の差額分8割を還付していく方向、持続化給付金の再給付も考えております」など具体的な支援策を示した。

 学生時代にはヘビメタバンドでドラムを担当していたこともあり、大のヘビメタ好きの高市氏は、閣下からヘビメタ専門誌「BURRN!」「METAL HAMMER」などをプレゼントされると、「うわーお!やった、やった!」と大喜び。「総裁選で勝てたら、“人間の姿”に戻った閣下とご飯したい」とねだり、閣下は「飲みに行けるような時代が来ましたら、ぜひご一緒させてください」と歓迎した。

関連リンク

  • 9/24 16:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます