ブリトニー・スピアーズ、息子達が16歳と15歳になり「母&息子の愛に勝るものなし」

拡大画像を見る

2007年に離婚した元夫ケヴィン・フェダーラインとの間に、ショーンさん、ジェイデンさんという2人の息子を授かったブリトニー・スピアーズ。若干22歳だった2004年に結婚し、翌年9月に23歳でショーンさんを産んだブリトニーは、そのほぼ1年後の2006年9月に次男ジェイデンさんが誕生した。一世を風靡した歌姫ブリトニーは、こうしてあれよあれよという間に2児の母となった。

あれから十数年が経過した今月21日、ブリトニーは自身のInstagramを更新し愛息達がそれぞれ誕生日を迎えたことを報告、小さなパーティーを開いてアイスクリームケーキでお祝いしたことなどを綴った。16歳と15歳、2人のティーンエイジャーを持つ母であるブリトニーは「SNSへの投稿には息子達の許可を取らないといけない」と前置きしつつも、愛する息子達の近況を次のように明かしている。

「2人はすごく背が高くて。しかもまだ伸び続けてるのよ、クレイジーだわ。先週彼らはダンスに行ったんだけど、私は2日間泣きっぱなしだったの。だって私のベビー達がスーツ姿だったんだもの!!! やばいよね!!! 世の女の子達、うちの息子達は超イケメンだから心しておいてね!!!」

たくさんの絵文字を使い、茶目っ気たっぷりに綴ったブリトニー。この日は「母&息子の愛に勝るものなし」というメッセージが書かれた画像もアップし、

「私の人生に2人の息子達がいてくれることは、この上ない幸運だわ。」

「2人がもしこの投稿を読んでくれていたとしたら…まぁきっと読んでいないでしょうけれど…私のちっちゃなデビル達、心から愛しています。」

と息子達への愛情を惜しみなく吐露するのであった。

ブリトニーは今年5月、ツアー先ホテルのプールで幼いショーンさん&ジェイデンさんと束の間の時間を過ごす懐かしい写真を公開していたが、息子達2人の成長は母親として感慨もひとしおのはずだ。

そしてそんなタイミングとほぼ同じくして、自身も約5年越しの恋人サム・アスガリさんと婚約。後見人問題などの関係により、これまで許されることのなかった結婚や妊娠・出産といった「普通の幸せ」がより現実味を帯びてきたところである。

画像は『Britney Spears 2021年9月1日付Instagram、2021年9月21日付Instagram「My boys’ birthdays were last week …」、2021年5月26日付Instagram「I had my babies very young …」、2021年3月1日付Instagram「It’s so crazy how time flies ….」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 9/24 13:26
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます