内村光良の特番 似てる宮川一朗太が内村を演じる アン・ボヒョンが日本TV初出演

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が25日放送のフジテレビ「あしたの内村」(関東ローカル、午後3時30分)に出演する。“もしもの時にどうすれば良いのか?を”想定していく特番だが、そのシミュレーションドラマでは内村を俳優の宮川一朗太が演じる。長年、似てると言われてきた2人。内村を宮川がどう演じるかが注目される。また、韓流スターの1人、アン・ボヒョンが登場。フジテレビによると、日本のテレビ初出演だという。

 この番組は内村が「韓流ドラマにキャスティングされたら」、「詐欺メールをクリックしたら」といったさまざまな“もしも”に遭遇した際の対処法を伝える。様々な状況はドラマ形式で表現されるが、そこで宮川が内村役を務めることに、内村自身も「30年前から似ていると言われていた宮川さんに、ここで私の役をやっていただけるとは!」と感無量のコメントをしている。

 「もしもあした内村が…韓流ドラマにキャスティングされたら」というテーマでは、数々の人気ドラマを生み出してきた韓国の放送局・MBCの制作現場へ潜入。大ヒット作の「愛の不時着」、「梨泰院クラス」などが世界的に評価を得ている韓流ドラマの世界で、俳優にどのようなことが求められるのか、ひとつの作品がクランクアップするまでを完全シミュレーションする。

 韓流ドラマに数々出演している日本の女優・笛木優子ら、数々の関係者が登場するが、その中には「梨泰院クラス」で悪役の御曹司を演じ、韓流ドラマ界で絶大な人気を誇るアン・ボヒョンも。日本のテレビ初出演で、内村に日本ならではのあるものを差し入れすると良いのでは?と提案する。

関連リンク

  • 9/24 13:11
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます