“誰一人取り残さない政治を”市民のために働く『ボストン市庁舎』予告編

拡大画像を見る

フレデリック・ワイズマン監督が“市民のために働く市役所”を映し出した最新作『ボストン市庁舎』より、市民のために働く市役所の裏側が見える予告編が解禁された。





このたび解禁された予告編では、「ボストン市は繁栄しているが、6人に1人が飢えている」というウォルシュ市長の演説から始まる。そしてボストンの美しい建築物や風景を挟み込みながら、ボストン市民の幸せのために、懸命に多種多様な仕事をする市長や市役所職員たちの姿が映し出されている。

フードバンクや同性カップルの結婚式、NAACP(全米黒人地位向上協会)との話し合いや看護師の支援、さらには野良犬のクレームに至るまで次々と寄せられる市民からの電話への対応…。市長は、「もし困ったことが発生したら、市長の私に電話を。通りで私を見かけたら声をかけて」と市民に呼びかける。そこには、“誰一人取り残さない政治をしたい”という市長らの真摯な姿を確認することができる。

2018年秋から2019年冬にかけてのトランプ大統領在任時期に撮影された本作は、トランプ政権下でいかにアメリカ民主主義を守るかというボストン市庁舎の挑戦の記録でもある。大統領が変わってもなおコロナ禍で新たな分断が生まれている今日、日本に暮らす私たちにも無縁ではないストーリーとなっている。

『ボストン市庁舎』は11月12日(金)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ボストン市庁舎 2021年11月12日よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて公開
© 2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

関連リンク

  • 9/24 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます