三重県鳥羽市にて、鳥羽オリジナルバージョンの「ドライブインお化け屋敷」が開催


鳥羽市観光協会は、新型コロナウイルスの感染拡大により疲弊している中心市街地の活性化を目的に、空き店舗を活用した「ドライブインお化け屋敷」を、旧西口商店にて10月2日(土)~31日(日)の土日限定で開催する。

コロナ禍でも楽しめるお化け屋敷

今回は、ホラー専門の制作会社「怖がらせ隊」の協力を得て、三重県では初となる「ドライブインお化け屋敷」を開催。


このお化け屋敷は、車に乗ったまま楽しむ新しいホラー体験だ。公演中、全てのパフォーマンスを車外あるいは参加者とパーテーションなどで区切られた空間で行うことから、キャストとの接触がなく、コロナ禍でも楽しめるお化け屋敷として注目を集め、世界でもニュースになっている。

鳥羽オリジナルストーリーで展開


同イベントは、「鳥羽オリジナルバージョン~海祟り編~」と題した完全描き下ろしで、これまでとは違う演出とストーリーでお届け。


“この地に残る人魚伝説。国を襲った飢餓・・・。人魚の血・・・。永遠の命・・・。語り継がれる「海祟り」とは一体・・・?窓にはりつく人ではない「なにか」。海からあがった車の中で・・・。あなたは、悲しき伝説の真実を目の当たりにする。”というストーリーが展開される。

車が無くても無免許でもOK

なお、会場で用意した車での体験となるので、車が無くても、免許が無くてもOK。1台あたりの参加人数は最大4名で、料金は1台6,000円。1公演15分。予約詳細は鳥羽市観光協会公式サイトにて確認を。

画像をもっと見る

  • 9/24 13:03
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます