本能的に好きになった!男性が女性を「本命認定する瞬間」とは

拡大画像を見る


男性は「この子、なんかいいな」と思ったら、その女性を恋愛対象として見るようになります。でも、そこから本命認定するのはたった一人。
「この子を彼女にしたい!」と感じたとき、初めて本気になるのです。
一体どんなときにそう感じるのか。今回は男性が女性を本命認定する瞬間について解説します。


「もっと一緒にいたい」と思ったとき

男性がデートをする相手は、恋愛対象として見ている女性。ですが「暇だから」という理由でデートすることもあります。
ただ、デートの終わり際「もっと一緒にいたい」と思ったときは、男性も「この子は違う」と感じる様子。
「自分はこの子のことを必要としているんだ」と感じて、相手の女性へ本気になるようです。


独占欲が芽生えたとき

独占欲が芽生えたときも、男性が女性を本命認定する瞬間。
「誰にも渡したくない」「他の男と仲良くしてほしくない」と思ったときに、本命認定するのです。
意中の彼へ他の男性の存在を匂わせるのも一つの方法ですね!
「いい感じの男が他にもいるのか?」と思った彼が、突然積極的になってくるかもしれません。


ふと思い出してしまうとき

友達と遊んでいるときや仕事をしているとき、ふと思い出してしまう女性のことを、男性は本命認定するようです。
これまで頻繁にあなたから連絡をしていたとしたら、一度パタリとやめてみてください。
当たり前に来ていたあなたからの連絡がなくなり、彼はふと「あれ?今日は来ない」「どうしたんだろう?」と考えるようになるはずです。


希少性を感じたとき

男性は「なかなか手に入らないもの」「珍しいもの」に興味を持つもの。なので、女性に希少性を感じたときも本命認定しやすいです。
たとえば、流行りに流されず独自のファッションをしている女性などですね。
周りの目を気にしない、周りと一緒を好まない、そうした女性の強さも男性が希少性を感じる点です。
「自分を持つ」というのは重要と言えます。周囲の真似をしているだけでは、男性の本命になりにくいでしょう。

男性の恋愛対象になることは意外と簡単ですが、本命になることは難しいです。もしそこでつまずいたなら、このような瞬間を作ってみるとよいかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/24 12:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます