好きだ。モテる男性をキュンとさせる「魔法の一言」

拡大画像を見る

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

■恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.10

「いつも周りを楽しませてくれてるけど、今は気を使わなくていいよ。本当のあなたと話したいから」

◇この言葉の効果

彼に特別な存在だと感じてもらえるラブスペルです。特に、人気者の彼の心に刺さります。

いつも人に囲まれている人物は、それだけ気を使っているものです。だからこそ人気者になれているのですから。しかし、ほとんどの人は、そうした影の苦労には気づきません。ただ彼を囲んで、その魅力に酔いしれているだけです。

“舞台の主人公の苦悩”と言えるかもしれません。

どれだけ魅力的でも、それは演技なのです。大勢のために笑いを起こしたり、責任を取って行動したり、自虐を交えたり、カッコいい自分を演じているのです。

だからこそ「本当のあなたを知っていますよ。本当のあなたと話をしてみたい」と伝えることが効果的になるのです。強がらなくていいよ、というように。いわば、舞台裏トークを繰り広げるのですね。

魅力的な男性ほど、他人に理解されない苦労を抱えています。そんな彼にこそ効果抜群なラブスペルです。

■ラブスペルの使い方

彼と二人っきりになった時に使いましょう。

会話の序盤か中盤に、さらっと唱えるのがコツです。彼の苦労を理解していますよというトーンで、優しく語りかけましょう。「ま、ここでは気をラクにしてください」という感じで。

その後は「舞台裏トーク」をするようにしましょう。

例えば「こんなに楽しいイベントだったけど、主催するのは大変だったよね」「今、すごいホッとした顔してる」「いつも場を盛り上げるために頑張ってくれてるよね」といったイメージです。

彼にとっては、あまりされたことがない会話になります。それだけ心の奥深くに刺さります。貴女としかできない会話が――二人だけの世界が――生まれるから。相談を持ちかけられるようになるかもしれません。

■彼の心の裏側を感じ取ること

このラブスペルは唱えるだけではもったいない。

その後の舞台裏トークをふくらませるまでがセットになります。つまりは「彼が普段見せている面の裏側には、何が隠されているんだろう?」という視点を持つことです。

ちょっと難しそうですよね。けれど、貴女だって、家族や友人に見せている面が全てではないはず。本当の自分を知ってほしいなと感じてもいるでしょう。まさに彼も同じなのですよ。

他人は、いくつもの顔を持っています。

ぜひ目の前の人の舞台裏に、思いを馳せられるようになりましょう。どんどん相手の心に残る台詞が言えるようになります。もっと魅力的な女性になれますよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

関連リンク

  • 9/24 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます