井上咲楽、“太眉カット”への注目に葛藤告白「怖いです」「めちゃくちゃ焦ります」

【モデルプレス=2021/09/24】タレントの井上咲楽が、デビュー6周年の記念日である23日にInstagramを更新。太い眉毛をカットし“劇的イメチェン”が話題となっている現在の心境を明かした。

◆井上咲楽、“太眉カット”フィーチャーに本音「怖いです」

2015年の「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」にて、トレードマークの太い眉毛を際立たせた“ミスタービーン”のモノマネをしてデビューを勝ち取った井上。しかし、昨年末テレビ番組の企画を機に太眉をそり、今やビューティーアイコンとしても引っ張りだことなった。

井上は「6年前、スカウトキャラバンで眉毛を武器にミスタービーンのモノマネをして芸能界に入った私が、眉毛をそるなんて、考えられなかったです」と振り返る一方で、容姿に注目が集まり続けることに葛藤もあったようで「思えば『普通』ということに怯え続けた6年間で、今年はこの一年はそうでした」と吐露。

「何に自信があって芸能界に入ろうと思ったんだ?と思うくらいに何もなくて、オーディションで眉毛を珍しがってもらえた時は、私にも特徴があった。。!と思って嬉しかったです。ほんとに眉毛には頭上がりません。。ラッキーです」と、太眉が自身の武器にもなっていたことを明かし「今は眉毛をイメチェン!と言っていただけることが多くてとってもありがたいですが、これもいつまで続くんだろう…これが終わったらとうとう私はなにもなくなってしまうな〜と怖いです!」と、現状に怖さを感じていることも正直につづった。

◆井上咲楽「丁寧に生きていきたい」

「1年後に8年目を迎える時には確実に『眉毛をイメチェンした。。』というのは無くなっているんだろうな…と思います。なんなら2ヶ月後もどうなってるのかわからなくてめちゃくちゃ焦ります!というわけで私は果たして一体何者なのか?は分かりません」と、焦りも感じているという井上。

しかし、「未来への恐怖はずっと付き纏うものだろうけど、まずは目の前をしっかりと見てひとつひとつの仕事や日々を流さず丁寧に生きていきたいと思います!」と前を向く言葉も。

最後には「こんな私ですが、、みなさんに応援していただけるおかげで、こうして発信をできています!なんとしても頑張るのでこれからもよろしくお願いしますっ!」と呼びかけた。

◆ファンからエール続々

ファンからは「劇的イメチェンだけでなく、等身大で頑張っている咲楽ちゃんだから大好き!心配せず自分の好きな道を進んでください!」「1人の女性としてどんどん綺麗になっていく咲楽ちゃんが素敵すぎます!眉毛に囚われず輝き続けてほしい!」「仕事や恋や美のためにどんどん素敵になる咲楽ちゃんは私のモチベーションです!どんな咲楽ちゃんも応援するよ!」など、多くのエールが寄せられている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/24 11:59
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます