高橋メアリージュン&ユウ姉妹、カップル間の悩み打ち明ける「言わないようにしてますけど…」

【モデルプレス=2021/09/24】モデルで女優の高橋メアリージュン、妹でモデルの高橋ユウがABEMAオリジナル恋愛番組『隣の恋は青く見える2』の合同取材に、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの村上とともに出席し、カップルの悩みを明かした。

◆高橋ユウ、夫に言いたいこと

『隣の恋は青く見える2』(9月25日よる10時スタート)は、2021年5月に放送された『隣の恋は青く見える』のシリーズ最新作で、シーズン2となる同作には、パートナーへの不満や悩みを抱えている8組のカップル(計16人)が参加。カップルはお互い同意の上で一時的に交際を解消し、男女16名で共同生活を行う。高橋メアリージュン、高橋ユウ、村上は番組MCを担当する。

2018年にK-1ファイターの卜部弘嵩と結婚した高橋ユウは、「カップルの悩み」が話題にあがると、「うちは夫がすごく几帳面なんですよ。洗濯物とか、本当にうるさくて」といい、ハンガーの跡を指摘されたり、洗濯物の干し方について「それ直して」などと言われることを明かした。「跡がつかない干し方が分からなくて、何回も何回も繰り返しちゃって」と漏らし、「だから『諦めて』と言いたいです。『自分でやって』とは言わないようにしてますけど…言いたい(笑)」と本音をこぼした。

◆高橋メアリージュン「難しいんですよ」

同じ話題に、高橋メアリージュンは、「私は『連絡して』と、よく怒られました。(当時の彼が)厳しい方で、“ごはん食べました。次に2軒目にお茶に行きます”となったときに、例えば、徒歩5分くらいのお茶するお店に移動して、お店に着いたところで彼から電話がかかってきて『今、お茶飲んでるよ』と言うとブチ切れられたんですよ」と告白。“彼”がブチ切れた理由は“お茶に行くことを事前に連絡しなかったから”ということのようだが、高橋メアリージュンは「難しいんですよ。移動中に、人と話しながら携帯をいじれないから」とこぼしていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/24 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます