【地方競馬】笠松の大橋敬永調教師が通算300勝達成

 23日、笠松7Rで加藤聡一騎手騎乗のアップメイ(牝6、笠松)が1着となり、管理する大橋敬永調教師が地方通算300勝をあげた。2538戦目での達成。

(大橋敬永調教師のコメント)
「自分が十分に管理できる頭数に絞って管理してきたので、300勝まで随分時間がかかってしまいましたが、馬主さんをはじめ本当に多くの方々に支えられてここまでやってきました。

 今後の目標は、若馬での重賞や認定競走など大きいところを獲りたいですね。これからも管理馬を我が子のように大切に育てていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

 1959年9月24日生まれ。1999年4月6日笠松3Rで管理馬(アジアンチェリー)がデビュー、初勝利は同年5月19日笠松6R(ダートアンドターフ)。重賞勝ち鞍は2019年の湾岸ニュースターC、2005年のサマーC。

(岐阜県地方競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 9/24 11:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます