「幻想的すぎて涙が出る…」Twitter上で話題になった1枚がこちら

拡大画像を見る

2021年9月20日~9月26日までの7日間は『秋のお彼岸』の期間とされています。

お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。

ただし、お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の文化なのだとか…。

お彼岸を象徴する花といえば、『彼岸花(ヒガンバナ)』ですよね。

別名は『曼珠沙華(マンジュシャゲ)』とも呼ばれ、お彼岸の時期である9月中旬~9月下旬頃にかけて開花し、見頃を迎えます。

写真家の三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんは、 自身が撮影したヒガンバナの写真をTwitterに投稿しました。

景色も相まって、幻想的だと話題になった1枚をご覧ください!

絨毯(じゅうたん)のように、敷き詰められたヒガンバナと、 真ん中に満月が浮かぶ、美しい夕暮れの空が重なり、なんとも幻想的な1枚です。

写真が投稿された2021年9月21日は、1年の中で、もっとも美しい月ともいわれている『中秋の名月』です。

8年ぶりに満月と同日であったため、真ん丸な月が楽しめました。

夕暮れ時の空に浮かぶ満月が、ヒガンバナの美しさをいっそう引き立てていますね。

写真を見た人たちからも多くの反響が上がりました。

・美しくもあり、どこかおそろしくもある圧巻の景色ですね!

・幻想的すぎて、涙が出てきました。

・曼珠沙華を引き立たせる十五夜…さすがのセンスです!

三谷さんは、夕暮れ時のヒガンバナを撮影しようとしていたらしく、月が出たのはたまたまなのだとか。

偶然にも共演することとなった秋の風物詩に、多くの人の心が癒されたようですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @mitsuyuka_lp

関連リンク

  • 9/24 11:01
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます