夏目三久、誰もその名前を口にしない「ヴォルデモート」現象に視聴者あぜん!

 その名は決して口にしてはならないのか。出演者による気の遣いように視聴者も驚きを隠せなかったようだ。

 9月23日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)には俳優のムロツヨシがゲスト出演。番組予告で「ムロツヨシと有吉夫妻の意外な関係」と明かされていたように、ムロが街なかで有吉夫妻に遭遇した際のエピソードが明かされた。

 ここでムロは「どうしても聞きたいことお伝えしたいことがあって」と前置きし、MCの有吉弘行がフリーアナ夏目三久との結婚を発表した1週間後に、とある街を走っていたら二人で歩いているところに出くわしたと告白。その際に「あ、有吉さんだ。あ、奥様!」と思ったことを明かしつつ、プライベートだと気遣って挨拶しなかったことを2日間くらい後悔していたと明かしていた。

「その話題に有吉は『奥さんが「あれ?ムロさんじゃない?」』と言っていたことを明かし、夏目がムロに気づいていたと説明。ムロのスロージョギングについて『ダセェなあ』と吐き捨てると、ムロも『なんて旦那だよ! 奥様素敵だよ』と返していました。その様子は人気芸能人同士の微笑ましいじゃれ合いでしたが、なぜか誰も『夏目三久』という名前を口にしようとはしなかったのです」(テレビ誌ライター)


 妻が一般人ならともかく、夏目は「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ系)で総合司会を務めるなど、芸能界なら誰しもが知る有名人。4月2日には有吉と夏目の連名で結婚を発表しており、今さら世間に対して隠すことなど何一つないように思えるのだが…。

「同じ『櫻井・有吉THE夜会』では前週の放送で、木村拓哉がイタリア旅行中にお土産を買うシーンを紹介。その際に木村は『有吉さんご結婚もされたんで、パートナー分も』と語っており、夜会ハウスでお土産を手渡す際にも『これが奥様の』と、あえて代名詞を使っていました。それと同じ状況は9月4日放送の『有吉の夏休み2021』(フジテレビ系)でも見られることに。番組終盤では小嶋陽菜やフワちゃんらの参加者が有吉に結婚祝いを渡したのですが、全員が口をそろえたように『奥様』との単語を使い、誰も夏目の名前に言及しなかったのです」(前出・テレビ誌ライター)

 誰一人として名前を口にしようとしない現象に、視聴者からは<まるでヴォルデモート>との声もあがることに。「ハリー・ポッター」の主要キャラクターであるヴォルデモートは周りから<例のあの人><名前を言ってはいけないあの人>などと呼ばれており、それを想起させるようだ。

「夏目に限らず、著名人の妻についてあえて名前を出さないというのはザラにある話。ここで注目したいのが9月24日放送の『A-Studio+』(TBS系)です。同番組ではゲスト出演する夏目に新婚生活についてもいろいろ聞いたそうで、果たして夏目が『有吉』の実名を出すのかどうか、大いに気になるところですね」(前出・テレビ誌ライター)

 立場が変われば今度は有吉が<ヴォルデモート>になるのだろうか?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/24 10:55
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • グレイス

    9/24 11:29

    いちいち奥様の夏目三久さんって言うのも煩わしいかと。いくら名前が知られている人物とは言え、あくまで有吉さんの奥様として話題にしたり贈り物を託けたりしているんだから、いいじゃん。本人に向かって有吉さんの奥様としか呼ばないのは失礼だけど。

記事の無断転載を禁じます