北海道の名物料理が勢揃い! 京急百貨店『大北海道展』で味わいたい「限定グルメ」7選

拡大画像を見る

 京急百貨店の開店25周年を記念したイベント『第26回 大北海道展』が、9月22日(水)~28日(火)、9月30日(木)~10月6日(水)の2回に分けて計14日間、開催されます。

 第1弾では食ジャンルで37店舗、第2弾では39店舗が参加。地下1階では、北海道土産定番の銘菓や実演の弁当・惣菜・乳製品を販売するほか、1階、3階、7階特設会場の各階で北海道にまつわる食と工芸、衣料雑貨を販売します。そこで今回は、7階催事場にて期間中に味わいたい「京急百貨店限定メニュー」7商品をご紹介します。

富良野市『ゆきと花』の「子供がまだ食ってる途中でしょうがラーメン」

 あの名ドラマ「北の国から」の名シーンが蘇るメニュー名「子供がまだ食ってる途中でしょうがラーメン」。あのシーンを思い出して思わず胸が熱くなりましたが、背脂と生姜醤油をきかせたシャレのきいた一杯。しょうがたっぷりで、心だけでなく体の芯からも温まります。

釧路市『四季彩』の「響」

 釧路市にある『四季彩』のお寿司。通常はおまかせメニューのみなので、この機会にぜひ味わってみてください。今回は京急百貨店オリジナルのにぎり「響(ヒビキ)」が登場。『四季彩』は釧路近海で取れる魚を目当てに、全国各地から美食家が足を運ぶ名店です。

札幌市『空』の「チャーシュー乗せ味噌ラーメン」

 行列の絶えないラーメン店も登場。中太のちぢれ麺と、道三豚からとる清湯スープに焦がし味噌を加えた濃厚さが特徴。チャーシューもドーンと3枚乗っており、胃袋も大満足! これぞ“札幌みそ”の一杯、ぜひこの機会に味わってみてください。

函館市『朝市食堂函館ぶっかけ』の「北海7色ぶっかけ」

 函館朝市にある弥生水産直営の食堂。自家製いくらが名物で、ホタテやイカなど地元で獲れた新鮮な海産物を味わえます。今回は、京急百貨店オリジナル「北海7色ぶっかけ」を販売。カニ、ウニ、アワビなど、高級食材がたっぷり詰まったボリューム満点の一品です。これで3548円はお値打ち。各日限定40食なので、気になる方はお早めに。

札幌市『札幌豊平館厨房』の「道産牛昆布熟成ヒレステーキ海宝弁当」

 物産展限定で弁当を販売している『札幌 豊平館厨房』。出展するたびに長蛇の列ができる極上の北海道産牛肉を使った弁当が大人気です。今回は北海道産牛昆布熟成ヒレステーキをご飯の上に敷き詰め、さらにウニとイクラを乗っけたスペシャルバージョン。通常3024円のところ、9月22日(水)~28日(火)までは、なんと限定特別価格2501円で提供されます。

札幌市『札幌かに工房』の「ズワイガニ尽くし弁当」

 平成7年に蟹をメインにした水産物の直販店としてオープン。食堂では、新鮮な魚介類をふんだんに盛り付けた豪快などんぶりを販売し、地元客にも大好評。今回は、目利きのプロが厳選したズワイガニを隙間なく敷き詰めたカニ弁当を販売します。

小樽市『おたる蝦夷屋』の「北海極み弁当」

 北海道産の海産物で作る海鮮丼や、屋台での炙り焼きが人気の『おたる蝦夷屋』。甘みたっぷりのウニの上には、なんと高級魚のキンキの切り身がのっています。今回紹介した7商品の中で一番値は張りますが、日頃のご褒美にぜひ味わってみてはいかがでしょう。

 他にもテイクアウトグルメには、1日50日限定の雲丹クリームコロッケやジャンボいかめしなど、見逃せないグルメが目白押し。北海道の秋の味覚をぜひ堪能してみてください。

●DATA

第26回 大北海道展

開催日:2021 年9月22日(水)~10 月6日(水)
時間:10時~20時
※9月28日(火)は店舗入替のため7階催事場のみ17:00 まで
※9月29日(水)は入れ替えのため7階催事場はお休み
https://www.keikyu-depart.com/kqdep/index.html

関連リンク

  • 9/24 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます