そこまでされると逆に引く…純愛男性の「重すぎる気遣い」9パターン

好きな女性のためなら、なんでもしてあげたくなるのが恋というもの。とはいえ、よかれと思って全力で尽くしても、期待通りに喜んでもらえるとは限らないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「そこまでされると逆に引く…純愛男性の『重すぎる気遣い』」をご紹介します。

【1】「そのカーディガン初めてだよね。買ったの?」などと、女性の些細な変化に敏感に反応する
「チェックされてる!とギョッとしてしまった」(20代女性)というように、話のきっかけを作ろうとして、相手の細かい点に言及するのはNGのようです。褒めるのはいいとしても、「その色、似合うね」などと無難に切り出したほうが好印象でしょう。

【2】仕事中だろうと深夜だろうと、LINEやメールには即レスする
「いつ送ってもすぐレスが来るから、気を使ってしまう」(20代女性)というように、好きな女性とのやりとりに前のめりになりすぎると、相手を戸惑わせてしまいそうです。ときにはわざと返信を遅らせて、向こうと足並みを揃えるといいでしょう。

【3】連絡が途絶えると、「体調悪いの?」などと過剰に心配する
「ありがたいけど、正直ウザかった」(10代女性)というように、相手のことであれこれ気を揉んだとしても、本人にはいちいち尋ねないほうがよさそうです。どうしても気になるなら、「元気?」などとごく普通のメッセージを送って探りを入れましょう。

【4】顔を合わせるたびに、大小さまざまなプレゼントを用意する
「最初のうちは受け取ってたけど、なんか怖くなってきて…」(20代女性)というように、相手を喜ばせたい一心で、欠かさず贈り物をするのも善し悪しのようです。「なにか裏がある?」などと怪しまれたら、距離を置かれてしまうかもしれません。

【5】小さなハンドバッグひとつでも「俺が持つから」と言って譲らない
「渡したらかえって不便だから断ってるのに、しつこくされてイライラした」(20代女性)というように、「親切の押し売り」をして、煙たがられてしまうパターンです。ただし、明らかに荷物が重そうなら、「持とうか?」と一声掛けるのが礼儀でしょう。

【6】並んで歩くときにはサッと車道側に移動し、ボディーガードを気取る
「得意げに『危ないからね』と言われて、別に頼んでないし!と思ってしまった」(20代女性)というように、これ見よがしに女性を守ろうとすると、恩着せがましく映ってしまうようです。相手をキュンとさせたいなら、さりげなくガードするのが正解でしょう。

【7】別れ際、女性の姿が見えなくなるまでじっと見つめ続ける
「ストーカーっぽい雰囲気を感じてゾッとした」(20代女性)というように、名残惜しそうに女性を見送るのも、意外にリスクが大きそうです。とはいえ、いいムードで過ごしたあとなら、熱い視線を送ってこちらの想いに気づかせるのも手です。

【8】相手に断られても、頑として自宅玄関前まで送り届けようとする
「送り狼になられたら困るから、それ以来、誘いに乗らないようにしてる」(20代女性)というように、女性の身を案じて「家まで送る」と提案したのに、逆に自分が警戒されてしまうケースです。そもそも帰宅が遅くならないよう配慮したほうが紳士的でしょう。

【9】一途な想いを証明するため、ほかの女性の連絡先を全消去する
「束縛男にロックオンされてしまった…と目の前が真っ暗になった」(10代女性)というように、思い余って突飛な行動に出ると、感激されるどころか「危険人物」と見なされてしまいそうです。理性的にことを進めないと、結局は自分が損をしてしまうでしょう。

自分では気を利かせたつもりでも、失敗に終わるケースは多々あるようです。「後の祭り」になる前に、よく考えてから行動に移しましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/24 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます