「あなたの優しさに泣ける」落ち込んでいる妻を励ます【4つのテク】とは…?

いつも元気いっぱいの妻が落ち込んでいると、心配になりますよね。
内心テンパってしまい、どう励ましたらいいのかわからず困ってしまいます。

そこで、落ち込んでいる妻を励ますための4つのテクについて解説していきましょう!

(1)優しく抱きしめる


妻が落ち込んでいるからといって、「何か声をかけなきゃ!」と焦る必要はありません。
言葉がなくても、優しく抱きしめてあげるだけで、心に受けた傷は癒されていきます。

妻の気持ちが癒えてくると、何があったのかポツリポツリと詳細を話してくれるでしょう。
そのときは、他の作業の手を止めてしっかり聞いてあげてくださいね。

(2)あえて何も言わずにそっとしておく


妻が落ち込んでいるときには、何も言わずにそっとしておいてほしいことがあるでしょう。
たくさん悩んで、自分の中で解決したら、きっと何があったのか話してくれます。

妻が話したくなさそうだったら、ムリに詮索しないようにしてください。
妻に笑顔が戻るのを焦らずに待ちましょう。

(3)プラスの言葉で励ます


落ち込んでいるときって、物事をダメなほうにばかり考えてしまいます。
そのため、あなたは妻が前向きな考え方ができるように、プラスの言葉で励まして。

「失敗は誰にだってあることだから気にしすぎないで。」
「ミスしたということは成長の機会を得たんだね。」

このように、妻が気づきを得られるようなプラスの言葉で励ますようにするのです。

(4)美味しい晩ご飯を食べに行く


元気がなくて落ち込んでいるときは、美味しいご飯を食べに行きましょう。
「〇〇が大好きなあのお店に行こう!」と提案して、妻を連れて行きます。

好物を食べると心もお腹も満たされて、嫌なことなんて忘れられるはず。
美味しいご飯を食べるときは、きっと妻に笑顔が戻りますよ。


下手な言葉で励まされても、妻の心には響かないかもしれません。
言葉よりも、一緒に美味しい料理を食べたり、ハグしたりして妻の様子をうかがいましょう。

あなたに聞いてほしくなったら、妻の方から話してくれますよ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/24 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます